« エビガライチゴ | トップページ | ヤブジラミ »

2012年7月27日 (金)

ノリウツギ と イチモンジチョウ

 ノリウツギ(糊空木)は2、3メートルほどにもなる木なので、
 花は頭上高く咲いていることが多く、背の低い私はたいてい見上げながらズームで撮ります。

 日の光があたると、白い花が透けて輝きます。

Dscn100510_2

 別の花を別角度で撮っているとき、
 ぱさっと小さな音がして 蝶がとまりました。 イチモンジチョウでした。

Dscn122810

 羽の 一文字も光に透けていました。

 

« エビガライチゴ | トップページ | ヤブジラミ »

その他」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

良いタイミングで花に止まってくれましたね。
その気になって待っていてもダメな時もあれば役者が勝手に現れる事もあり自然界は面白いですね。

ノリウツギってそんなに大きくなるんですね。
初めて遭遇した時、坂道だったのでそれほど意識しておりませんでした。
でも確かに撮りにくい花だった気がいたします。
喋々まできてくれて…  ちゃんと撮って下さる方を心得てると思われます。
御見事❢

 よし坊様、

 本当にその通りですね。
 少し暗かったので、この後露出を変えたのですが、
 蝶はアサッテのほうを向いてしまい、それっきり。
 しばらく待ったのですが・・・
 待っていると飛んで行っちゃうんですよね。

 パンジー様、

 おっしゃる通り、ノリウツギが意外と撮りにくくて、
 見た目と違うんだけど・・・と思うこと多いです。

 蝶が液晶にいきなり現れたのでびっくりしました。
 自然も粋なはからいをしてくれます(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/46477450

この記事へのトラックバック一覧です: ノリウツギ と イチモンジチョウ:

« エビガライチゴ | トップページ | ヤブジラミ »