« コナスビ | トップページ | ハエドクソウ »

2012年8月 9日 (木)

クサギ

 今の時期、山を歩いていると、
 ときどきユリのような香りが漂います。

 あたりを見回してもユリの花はありません。
 クサギ(臭木)の花の香りです。

Dscn162810

       白っぽく見える花をたくさんつけているのがそのクサギです。

Dscn162710

Dscn158610_2

 「臭い木」 なんて名づけられていますが、花はとても良い香りです。

 ではなぜ?

 葉をちぎって匂いをかぐと、古くなったごま油のような、独特の臭いがします。
 名前はこの臭いに由来するようです。

 花のあとはとても鮮やかな色の実をつけます。 お楽しみに。

« コナスビ | トップページ | ハエドクソウ »

樹木」カテゴリの記事

コメント

          Mrs よう 様へ

よう様の心眼で山中を眺めるとこの様に見えるのですね
何気なしに見過ごしてしまうのですが・・・
「クサギ」の香りでしたか
花弁の形は珍しいですね
真ん中の長い髭は雌しべでしょうか?
昆虫が誘われそうですね
花言葉は「運命」 10月26日の誕生花 だそうです

私は花言葉に長い髭が誘っているように見えるので「誘惑」とけます
よう様はいかがですか?

それは・・・日々是 心眼森  

 Captain七右衛門様、

 花言葉がついていたのですね。
 それも「運命」とは、立派な花言葉です。

 はい、長いおしべです。

 甘く、良い香りがするので、
 Captain様の花言葉はぴったりです!

地道に山を歩かれているようですね。それも大騒ぎせずごく自然にさりげなく。
暑い時期は低山は暑くて嫌がる人が多いですが懐深く木々に囲まれて居れば涼しいんですよね。
考え方を変えなくてはと教えてもらいました。

 よし坊様、

 右を見ても、左を見ても里山に囲まれていますから、散歩の延長といったところです。

 おっしゃる通り、山の木陰は意外に涼しくてさわやかですよね。
 そりゃ、歩いているときは暑いですけれどね(笑)

 お盆明けに、久しぶりに中央アルプスの千畳敷カールに行ってみようと思っています。
 本格山歩きから遠ざかっていますが、
 島田娘になら登れそう、と思うのですが、
 いずれにしても、バス乗り場の込み具合次第です。
 2時間待ちとかだったら止めときます(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/46628507

この記事へのトラックバック一覧です: クサギ:

« コナスビ | トップページ | ハエドクソウ »