« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

ゴマナ

    ゴマナ(胡麻菜)。

     美味しそうな葉もの野菜のようですが、
     キク科の花。

Dscn240410

     若芽は食べることができて、葉がゴマに似ていているから、とも。

Dscn240510_2

      ものは試しに 葉をちぎって匂いを嗅いで見ましたが、
     キクの葉の匂いでした。

Rscn244690

2012年9月27日 (木)

アキノキリンソウ

  今、山道を彩るのは アキノキリンソウ(秋の麒麟草) 。

Dscn236110_2

       黄色の花をたどっていくと、
       いつしか山のいただきへ。

Dscn229910_2

2012年9月25日 (火)

キバナアキギリ

  花は桐に似て、色は黄色のキバナアキギリ(黄花秋桐)

Dscn221210               (白い小花は ハナタデ(花蓼))

    湿った日陰に、明るく咲きました。
Dscn221410   

    飛び出している「角」のようなものはめしべの花柱。

    よくよく眺めると、凝ったつくりです。
    一番右の花の花びらから、おしべがのぞいています。

Dscn221610

    

2012年9月21日 (金)

ススキ

     ススキ(薄)

Dscn225310

     なんといっても秋の使者です。

Dscn225910

2012年9月20日 (木)

タムラソウ

    アザミに似て、アザミと非なる タムラソウ(田村草) 。

Dscn233210   

       棘がありません。

       立ち姿もどこかやさしげです。

       名前の由来は不明だそうです。

2012年9月14日 (金)

キンエノコロ

   キンエノコロ(金狗児)を輝かせる陽光は
   秋そのもの。

Dscn231110

   眺めていると、トンボも羽を休めて、
   しばし休息の午後。

 Dscn224610

  

クサボタン

   葉がボタンに似ていることから名づけられた クサボタン(草牡丹) 。

Dscn222910

    木陰でシャンデリアのような花が咲いていました。

 Dscn223610

2012年9月12日 (水)

ヤマウコギ

 春、若葉を刻んでご飯に混ぜ込み、香りも美味しく食べた ヤマウコギ(山五加木) が実をつけていました。

       山も実りの秋を迎えています。

Dscn208310

Dscn208410

2012年9月10日 (月)

ナンバンハコベ

  南蛮とついていても外来種ではない ナンバンハコベ(南蛮繁縷) 。

Dscn216910

     日当たりの良い、林道の 石垣に咲いていました。

Dscn217210      

     変わった花の形が南蛮渡来風に見えたから付いた名前だとか。

Dscn217510

Dscn218910_2

     キャップを被ったような実も可愛らしい。

Dscn219110

     

2012年9月 8日 (土)

キツリフネ と ツリフネソウ

     咲き始める時期が早いのは キツリフネ(黄釣船) 。

Dscn216110_2

Dscn183810_2

     ひと月ほども遅れて、ツリフネソウ(釣船草) が咲き始めます。

Dscn209010_2

Dscn218210_2

     どちらも今が盛りです。

     同じところで咲かないのでツーショットが撮れません。
     でも見つけました。 キツリフネがちょっと遠いのですけれど、なんとか。

Dscn208510

     

2012年9月 6日 (木)

オケラ

 「山で美味いはトトキにオケラ」 といわれる オケラ(朮) 。
 つぼみの頃は 竹ひご細工のような総苞に包まれています。

P102053410_2

      とげとげしていそうですが、柔らかく、痛くはありません。

Dscn191010       頭が開いて・・・

Dscn215110        花が咲きました。

  京都八坂神社の おけら参り にはこのオケラを焚くのだそうです。

 ちなみにトトキは ツリガネニンジン のことです。
 トトキもオケラも、若芽を食べます。 

 食べるほど採るのはたいへんなので、一度くらいしか食べたことはありません。
 美味しいお浸しになりました。

2012年9月 4日 (火)

ウツボグサ

 日ざしの下ではまだまだ暑い毎日ですが、
 9月の声を聞くと、さすがに秋めいた風を感じます。

 過ぎた夏の入口に咲いていたのは ウツボグサ(靫草) でした。

Dscn086910

       
       ウツボというのは弓矢の矢を納める容器のことだそうですが、
       ウツボと聞くと、あの海にいる・・・? と、つい連想してしまうのです。

P101074310_3   

Dscn102810
       

       

2012年9月 2日 (日)

クリ

    昨年は台風の風で青いうちにほとんど落ちてしまいましたが、
    今年は無事に実るでしょうか。

Dscn205410_2 

       まだまだマリモのような山の クリ(栗) です。

Dscn206510

   

2012年9月 1日 (土)

ヤマアジサイ と タマアジサイ

 花や実がたくさんつく年と、つかない年が交互にやってくることはよくありますが、
 山の花も同様です。

    昨年見事だった ヤマアジサイ(山紫陽花) は、今年はあまり目立たず、
    写真も 満足に撮れないうちに花も終わってしまいました。

Dscn100410

Dscn112710

 そのかわり、 タマアジサイ(球紫陽花) がとても良く咲いて、沢筋を埋めていました。

Dscn174610

      丸い蕾が愛らしいタマアジサイは、装飾花が少なくて、少し控え目。

Dscn187010

     精一杯咲いて、 色が淡くなっていきます。

Dscn204910

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »