« ウツボグサ | トップページ | キツリフネ と ツリフネソウ »

2012年9月 6日 (木)

オケラ

 「山で美味いはトトキにオケラ」 といわれる オケラ(朮) 。
 つぼみの頃は 竹ひご細工のような総苞に包まれています。

P102053410_2

      とげとげしていそうですが、柔らかく、痛くはありません。

Dscn191010       頭が開いて・・・

Dscn215110        花が咲きました。

  京都八坂神社の おけら参り にはこのオケラを焚くのだそうです。

 ちなみにトトキは ツリガネニンジン のことです。
 トトキもオケラも、若芽を食べます。 

 食べるほど採るのはたいへんなので、一度くらいしか食べたことはありません。
 美味しいお浸しになりました。

« ウツボグサ | トップページ | キツリフネ と ツリフネソウ »

山野草」カテゴリの記事

コメント

朮の花って、帽子みたいで可愛いんですね。
お薬になるんですもの、頂けるはず…とはいうものの、ゴワゴワちくちくのイメージ。
そうですか、柔らかいんですね。
『見て撮って触って』三拍子そろってのようさんの植物紹介は楽しいです。
そして、一口メモのお陰で、うんちくも増えていきます。
ただ残念なことにしっかり頭の中に留めきれず、いつも中途半端な御披露目に。
宝の持ち腐れですね (笑)

 パンジー様、

 ありがとうございます。

 食べられると聞けば食べてみたい。、
 触れるものなら触ってみたい(皮膚も丈夫だし)。
 結果がわかればしゃべりたい・・・(^^)

 そう言っていただけると励みになります。
 頑張ります!(^^)!

 オケラはつぼみのときのかたちが、
 生け花の材料としても人気があるのだとか。
 とこどき昨日まであった花がなくなっていたりするのは、
 どこぞの花生けに飾られているからかも・・・
 

         Mrs よう様 へ

夜になると虫の音が聞こえてきました、秋の気配でしょうか?
今年は蝉が沢山飛んで来て猫が大喜びしました
飼い主はその度に蝉を逃がしてやり大変でした

見逃してしまいそうな野草ですね
地味で控え目だからなのでしょうか
野草も人間も性格を持っているのですね

さて、オケラの花言葉は何でしょうか?
親しみやすい・・・でした
そのとうりですね地味な処がそう思わせるのでしょうね

それでは・・・日々是 地味是親  

 Captain七右衛門様、

 セミ、トンボ、カエル
 飛んだり跳ねたりするものは猫ちゃん大好きですものね。
 ご様子が想像できます。
 もうしばらくセミの季節ですね。
 飼い主さんも、もうしばらく大変ですね。

 ほぉ~!
 オケラの花言葉は 親しみやすい ですか。
 いつもながら勉強になります。
 楽しみです。
 ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/46965753

この記事へのトラックバック一覧です: オケラ:

« ウツボグサ | トップページ | キツリフネ と ツリフネソウ »