« タムラソウ | トップページ | キバナアキギリ »

2012年9月21日 (金)

ススキ

     ススキ(薄)

Dscn225310

     なんといっても秋の使者です。

Dscn225910

« タムラソウ | トップページ | キバナアキギリ »

山野草」カテゴリの記事

コメント

この所読み逃げばかりでスミマセン、、、、
このススキは随分高い所から撮っていますが登山の途中ですか?
暑い暑いと言っていてもすっかり秋本番なんですね。
思えばいつの間にかツクツクホウシの鳴き声は全く聞きません。

 よし坊様、

 いえいえ、私のほうこそ、
 サッカーとなるとコメントもままならず、失礼しています。
 長野にもJ2の 松本山雅 や J2をめざす 長野パルセイロ がおりますが、
 もうひとつ関心が広がらない気が・・・ 
 やはりスポーツは強くないとだめですね。

 このススキは、いつもの太郎山山頂(1164m)から撮っています。
 見えているのは上田市街から青木村に至る道沿いです。
 左にちょこっと見えているのが別所方面です。

 先日四国は祖谷に行ってきました。
 別ブログでレポート中です。
 お時間おありの時にでも覗いてみてくださいませ。

田舎に住んでるのに、近所でススキを見かけなくなりました。
お月見には、ちょこっと山方面に採りに行かねばならなくなってます。
萩はもう咲いてしまって、お月見までもちそうにもありません。
忍び寄る秋の気配に喜びながらも、その景色が年々変っていくのに戸惑います。
記憶がややこしいので記録したいのですが、カメラが病床の身に…
ようさんの様な視点・アングル・焦点がAUTO設定できるカメラを手にしたいものです。

 パンジー様、

 そう言われてみれば、
 我が家近辺でもススキを見かけなくなりました。
 ガマなんかもあったんですけどね。
 季節の移り変わりが見てわかる風景がどんどんなくなってしまって、
 山へ山へと足が向いてしまいます。

 あら~、カメラの具合がお悪いんですか。
 ブログに無縁だったころはカメラも無縁だったのですけれど、
 今じゃあ・・・ね!
 早くご快復なさいますように〈笑)
 嬉しいコメントをいただき、ありがとうございます。
 AUTOでおまかせの身に余るお言葉です。

            Mrs よう 様 へ

「ススキ」で思わずカレンダーを見ました、三十日はもう十五夜ですね
子供の頃川原にススキをとりに行って夕方になるとお団子や柿・葡萄などを
お月様によく見える窓辺に飾り、ガキ大将達と近所の家のお団子をいただきに
行ったものです
今ではこの時期になるとスパーで「ススキ」をサービスしていますね

さて、花言葉はと調べました
言葉は・・・「心が通じる」でした

なるほど「ススキ」の枯れたような風格に、そう感じさせるのでしょうか?

それでは・・・日々是 十五夜団子

 Captain七右衛門様、

 ご訪問ありがとうございます。

 久しぶりにお目にかかれて嬉しいです。
 急に秋めいてしまいましたね。
 涼しくなってありがたいのですが、
 これから寒さに向かっていくのかと思うと、
 夏の暑さがちょっぴりなつかしい気もします。 

 そうですか。
 ススキの花言葉は「心が通じる」なんですね。
 寂しい言葉になるのかな、と思っていたので、なんだかほっとしました。
 ススキの穂が風にゆれる様子が
 そっと頷いているように見えますものね。
 
 お団子食べながらお月見・・・
 日本の風情で、いいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/47151406

この記事へのトラックバック一覧です: ススキ:

« タムラソウ | トップページ | キバナアキギリ »