« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

ズミの実

       5月に咲いた ズミ(桷) が
       実を結んでいます。

Dscn024010

            青空に、小さな赤い実がきれいです。

Dscn266310 

2012年10月26日 (金)

季節外れのヤマホタルブクロ

   十月も終わりというのに、

   葉陰にひっそり ヤマホタルブクロ の花が。

Dscn261810

     大分細身ですが、
     朝晩の冷え込みに耐えてくれるでしょうか。 

Dscn261910

2012年10月24日 (水)

ミズナラの実?

      ミズナラ(水楢) の葉裏に・・・

Dscn235310

       まるで実のようです。

       住人はもういませんでした。

2012年10月22日 (月)

ユウガギク

    花が見られなくなった山で、
    ユウガギク(柚香菊) の白が目立ちます。

Dscn255410

       「どこにでもある」 と書かれるごく普通のノギクですが、
       この時期山ではちょっと主役です。

Dscn255510

       
    

2012年10月18日 (木)

ヒキオコシ

   死にそうな人でも起き上がってしまうほど苦いという
   ヒキオコシ(引起) ですが、試してみる勇気はちょっと・・・

   草丈高く、逆光線のなかにありました。

Dscn233410

    小さくて、目立たない小花ですが、
    薄紫が光に透けて、名前からは想像できない可愛らしさでした。

Dscn242810

  

2012年10月16日 (火)

ミヤマガマズミ

     山では咲いている花がめっきり減って、
     木の実の色が目だってきました。

     ミヤマガマズミ(深山莢蒾) の赤い実も
     陽光を浴びて光っています。

Dscn259010

     

2012年10月11日 (木)

クサギ(実)

    8月、白い花を咲かせて
    山を良い香りで包んでいた クサギ(臭木) が鮮やかな実をつけました。

  Dscn254310

     山一番の配色です。

Dscn240110_2 

P100092311

2012年10月10日 (水)

ミズヒキ と ギンミズヒキ

   いたるところにたくさん咲いた ミズヒキ(水引) でした。

   折に触れて写真もたくさん撮りましたが、
   うーん・・・
   上手く写せない花でした。

   白い ギンミズヒキ(銀水引) とともに・・・

Dscn244710

Dscn234710

   

 

2012年10月 5日 (金)

サラシナショウマ

      見つけたつぼみは水玉を並べたよう・・・

Dscn235810    

      サラシナショウマ (晒菜升麻) のつぼみです。

        若菜は茹でて 晒して 食用になるそうですから、名前の由来はそこかしら?

Photo

      「コップ洗いのブラシみたい」 と本にありました。

Photo_2 

マルバフジバカマ

  

     マルバフジバカマ(丸葉藤袴) は、明治のころやって来た外来種だそうです。

   Dscn237910

     長野県では軽井沢で最初に見つかったのだとか。

     どこをどうやって来たのやら、
     上田でも見られるようになりました。

     見慣れた フジバカマ(藤袴) とはあまり似ていませんね。
     外国の方らしく、華やかです。

Dscn238110
     

2012年10月 2日 (火)

オトコヨウゾメ

   オトコヨウゾメ の名前の由来はよくわかりません。

   初夏に咲いた花が実を結びました。 

Dscn250810_2

     

      こんな 花が 咲いていました。
      5月のことでした。

P103032810

     

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »