« オトコヨウゾメ | トップページ | サラシナショウマ »

2012年10月 5日 (金)

マルバフジバカマ

  

     マルバフジバカマ(丸葉藤袴) は、明治のころやって来た外来種だそうです。

   Dscn237910

     長野県では軽井沢で最初に見つかったのだとか。

     どこをどうやって来たのやら、
     上田でも見られるようになりました。

     見慣れた フジバカマ(藤袴) とはあまり似ていませんね。
     外国の方らしく、華やかです。

Dscn238110
     

« オトコヨウゾメ | トップページ | サラシナショウマ »

山野草」カテゴリの記事

コメント

外来種のフジバカマは、ほんと華やかですね。
フリルのドレスを連想しちゃいます。^^
上田にも咲いているんですねえー。
どんな風にして種がこの地までたどり着いたのでしょう?
渡り鳥のようにGPSを取り付けることができませんものね^^;
話はブログの内容から離れてしまい恐縮ですが、今朝、長野駅のホームで
熊が目撃されたそうですね。びっくりしました。
太郎山に行かれるときは、どうか、お気をつけくださいね。

 ニャン様、

 ほ~んと! フリルのドレスみたいです!

 はい、熊にはび~っくり!しました。
 街の真ん中ですもの! どこからどうやって来たものやら。
 最後は射殺されてしまいました。
 かわいそうですけど・・・あまりに街中でしたものね。

 ありがとうございます。
 熊除けの鈴をつけて登っています。
 
 

          mrs よう 様へ

「マルバフジバカマ」は外来種なのですか!
何時どこの国からどうやって来たのでしょうね?
想像もつきませんね

白く地味な花ですね
花弁が小さく尖っているので、白い金平糖に見えてしまいます

花言葉は  「 ためらい ・ 他人の恋の相談役 」などでした
なかなか粋な花言葉ですね、「恋の相談役」こんな人に出会いたいものですね

それでは・・・日々是 恋相談

 Capatain七右衛門様、

 明治のころ、船に乗って来たらしいです。
 長旅でしたね。
 それから長野の山の中まで来るには
 またまた、今度は陸路の長旅だったのですね。
 でも、ちゃあんと花言葉を贈ってくれる方がいたのですね。
 「恋の相談役」ですか!
 旅の間の見聞を活かして、心強い相談役になりそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/47314797

この記事へのトラックバック一覧です: マルバフジバカマ:

« オトコヨウゾメ | トップページ | サラシナショウマ »