« ノリウツギ | トップページ | 庭の梅 »

2013年2月 9日 (土)

シラカバ

    青空に
    シラカバ(白樺) 輝く。

    足元の雪にもまして
    まばゆく、白く・・・

 Dscn331610

« ノリウツギ | トップページ | 庭の梅 »

樹木」カテゴリの記事

コメント

          Mrs よう 様へ

「白樺」  思い出します

初夏の蓼科・霧ヶ峰高原の新緑・・・
色を言葉で表現すると 若葉色 としか言い表せないのですが
それは それは さわやかなそよ風に靡きながら白い枝に揺られ
歌を口ずさんでいるのでした

今は亡き母を連れて行ってあげた折
青い空をいつまでも見上げて時間を忘れていたようです
何を思っていたのでしょう
今になると真似事の親孝行が私の思い出として帰ってきました
連れて行ってあげて良かった!

もう小さな芽が吹いているでしょうね
また行きたいです

さて、ノスタルジーは此の辺にして

花言葉は・・・
今日は私に付けさしてください

      「 若葉の輝き 」   です


真っ白な雪があると思うと、余計に青さに目が奪われます。
この白樺から眺める空は春みたいですが、キ~ンと冷え切った空気なんでしょうね。
そんな中でのようさんのお写真はいつもドラマティック❢
動物たちの足跡や、吹雪く風の中で春を待つ植物のに、命を感じます。
先日、我家の近くで零れかけた梅発見。
奈良では、日差しに何となく温かみを感じられるようになってきました。
と思いきや、今日は午後から冷たい風に鉛色の雲が到来。
外に出る気が失せてしまいました。

 Captain七右衛門様、

 夏の白樺は特別にさわやかですね。

 お母様はお喜びになったでしょうね。
 夏の高原は、いくつになっても
 ロマンチックな思いに浸れますものね。
 またお出かけください。
 白樺林はロマンチストのCaptainにお似合いです。

 素敵な花言葉をありがとうございます。
 ぴったりですね。

 パンジー様、
 
 なにか落ちていないかと、いつも下ばかり見ているので(笑)
 たまに上を見上げてみました。

 朝、冬。
 昼、春・・・かも?
 夜、やっぱりまだ冬だ・・・
 の、今日このごろです。
 今朝15センチ降った雪も、一日ですっかりとけてなくなってしまいました。
 春遅い信州にもちょっと兆しが見えるかな?
 と思わせぶりな空模様でしたが、
 明日はまた冷える朝だそうです・・・
 明日もしっかりダウンジャケットです。
 伊達の薄着ができない歳になりましたwobbly

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/49278396

この記事へのトラックバック一覧です: シラカバ:

« ノリウツギ | トップページ | 庭の梅 »