« コブシ | トップページ | バッコヤナギ »

2013年3月12日 (火)

ウバユリの実のさや

 Dscn345910

        ウバユリ(姥百合)が、咲いていたときは知らずにいました。

           ひっそりと種子を結び、
           いつ知らずこぼれて、
           さやだけが残り、

           そのさやに一条の陽の光が射して、
           灯りのように、光を宿していました。

           春の道先案内でしょうか。

« コブシ | トップページ | バッコヤナギ »

山野草」カテゴリの記事

コメント

ウ~ン??? ウバユリ…???
どんなお花なんでしょうか? やはりちょっと地味目…???
ようさんは、いつでもどこでもなんでも、素晴らしい被写体になさいますね。
毎度のことながら、センスの違いを痛感いたします。
そしてかもちゃんの横顔のアップ、素敵❢
カモちゃんも自分が一番綺麗に見える角度を知ってるのかしら?
ようさんに最高のプレゼントしてくれたようにすら見えます。

 パンジー様、

 夏、山に咲くユリで、丈は1メートルくらい、
 緑がかった白い花が数輪、一本の茎に横向きにつきます。
 草に埋もれるように咲くので地味目、でも、ユリの良い香りが漂います。
 なぜ「姥」かといいますと、
 根元に大きな葉が何枚かつくのですが、
 花が咲くころには葉がなくなってしまう、つまり 「葉(歯)がない」 からなんだとか。
 でも、実際には葉っぱは残ってるんですけどね^^;
 花は横向きですが、種はこうなります(^^)
 道端で目立っていて、見て欲しかったのかもしれませんね。

 かもちゃんの横顔 good! ですよね(^^)
 大サービスしてくれました。
 イケメンかもちゃん? だったカモ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1702485/50716023

この記事へのトラックバック一覧です: ウバユリの実のさや:

« コブシ | トップページ | バッコヤナギ »