« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

小さな花です ~ヒメニラ~

        小さな花です。
        長い葉です。

        葉をちぎるとニラの臭いがします。

        ついた名前はヒメニラ。

Dsc_086310_2

     寄って…

Dsc_086210_2

     もうちょっと寄って…

Dsc_085810_2

     もうちょっとちょっと寄って…

Dsc_086110_3

     ちょっと寄り過ぎちゃった…?

     

2013年4月29日 (月)

カタクリ ~2~

    登山道を離れ、急な斜面をやぶをかき分けて登ると、
    静かにカタクリの咲く場所があります。  

    ああ、きれい、と思うのに、
    うまく写せないもどかしさ。

Dsc_102210

Dsc_102710

Dsc_102910

Dsc_103610

Dsc_103910 

 

2013年4月28日 (日)

光を受けて

 <キブシDsc_104610

レンプクソウDsc_105110

ヒメニラDsc_105510

ヒカゲスゲDsc_105210

ウリカエデDsc_107210

コブシDsc_108010

<カスミザクラDsc_108210

2013年4月27日 (土)

すみれ、スミレ、菫・・・

 スミレだけで本が一冊書ける、と言われています。

 事実、手元にある 『信州のスミレ』という本には172種のスミレが載っています。

 遠く、遠く及ばないものの、
 山を歩いていると、集まるものです。

     <ヒナスミレ>

Photo

Photo_2

     <オオタチツボスミレ>

Photo_3

Photo_4

     <タチツボスミレ>

Photo_5

     <アカフタチツボスミレ>

Photo_6

2013年4月26日 (金)

カタクリ

    先日の雪でどうなったかと心配しましたが、
    華奢に見えて野の花は強い。

    しっかり頭をもたげて
    今年も咲きました。

Photo

    Photo_2

   Photo_3

    

2013年4月25日 (木)

山の桜前線は登山口へ

  すっかり葉桜の里を出て、
  季節は花の頃に戻ります。

  登山口近く、
  桜が一本咲きました。

Dscn391510_2

Dscn391810

Dscn391910

  Dscn392210

Dscn393810
  

Dscn392810_2

2013年4月24日 (水)

世代交代 ~ヤマブキ~

       枯れた実が残る枝に
       新しい芽が。

Photo_4 

      新しい季節の

Photo_5 

      新たな芽生え。

Photo_6 

2013年4月23日 (火)

雪に濡れて ~オトメスミレ~

   季節外れの雪に、

   咲き始めたオトメスミレ

   うなだれています。

Photo

  暖かさが早く戻りますように。

Photo_2

   

2013年4月22日 (月)

春の雪に

 この時期に雪が降ること自体はないことではありませんが、
 こんなに積もるのは初めてのことです。

     昨日(21日)に降った雪が今日の午後になってもまだ10センチくらい残っていました。

     <これだけ見たらまるで冬の風景です>Photo_4

     <気温は低くても、日ざしは冬とは違います>Photo_5

     <ミツバウツギの新芽の向こうに雪の山肌が見える風景は初めて>Photo_6   

     <雪の白に新芽鮮やか>Photo_7

     <赤い鳥居も映えます >Photo_8

     <今日の出会い>

Photo_11アカネスミレ                                          

  Photo_12 Photo_13

雪に落ちたコブシ

Photo_14                                                                                                   斜面に咲くタチツボスミレ

2013年4月21日 (日)

コブシ輝く

    芽吹き前の山に
    コブシ輝く。

          遠く・・・

Photo

          近く・・・

Photo_2

2013年4月20日 (土)

春の妖精 三人目

      カタクリが2輪、並んでいました。

      今日(19日)は寒い日で、花は閉じたままでした。

Photo_11

     光の滴を花びらの先に宿して、
     静かにうつむいていました。

Photo_12

2013年4月19日 (金)

かわいい花だけど・・・

        ハシリドコロ(走野老)が咲いています。

Photo_5   

         釣鐘型の花が風に揺れて
         いい音を奏でそうな花ですが・・・

Photo_6

        有毒植物です。
        摂取すると錯乱状態で走り回るので、この名がついたとか。

Photo_7

        でも、その毒は薬効成分でもあって、薬にも使われるそうです。
        怖いような、 頼もしいような・・・

Photo_8

         

2013年4月18日 (木)

がんばれ、日本

 登山道の、まだ始めのほうに、タンポポが一輪咲いていました。

 日当たりの良い頂上より、遅い咲き始めです。

 近頃は、街中で見るタンポポはみんな、と言ってよいほど西洋タンポポです。
 山も例外でなく、西洋タンポポが増えてきました。

 これはどうでしょう?

Photo    
       あ、日本のタンポポみたいです。

Photo_2
      がんばれ、日本。

  

 

2013年4月17日 (水)

いないいない、ばあ…

     いないいない・・・

Photo

     ばあ!

Photo_2

     ウスバサイシンの花が、いないいない・・・と隠れていたのは2日前の4月15日。
     季節外れの暖かさで、お顔見せです。

     では、失礼して正面から・・・

Photo_4

    葉が開くにはもう少し かかります。

     

2013年4月16日 (火)

春の妖精 二人目

   キバナノアマナも咲き始めました。

   昨年は誰かに食べられてしまったのか、
   花が見られなかったのですが、
   今年はいいかも?

Photo

2013年4月15日 (月)

午後の日ざし

  今日は少し遅くなったので、
  ほんの15分ほど歩いただけ。

  午後の日が斜めに射しこんでいました。

Photo

    これは何の芽? 小さな木で分かりません。

Photo_2

   こちらはコクサギ。 
   葉をちょっとちぎって嗅ぐと、「ミカン科」 らしく柑橘系の香りがします。
   「臭い木」なんて呼ばれて、ちょっと気の毒。

Photo_3

   

   アズマイチゲは花を閉じてしまっていました。
   風に揺れて、ぼやけた一枚になりました。

Photo_4

 

  

2013年4月14日 (日)

春の妖精 一人目

 このところの暖かさで
 いつもより早目にお目見えしました。

 「春の妖精」 の意味を持つ スプリング エフェメラル のひとつ。

                       ≪アズマイチゲ≫

Photo

2013年4月13日 (土)

咲き始めています

  日当たりの良いところから咲き始めました。

Photo_4      
         ≪タチツボスミレ≫

  これから登場の機会が多くなるでしょう。

2013年4月12日 (金)

そんなふうに見えてきました

  

      びゅーん!  (オトコヨウゾメ)

Photo        

     三きょうだい (ヒゲネワチガイソウ) 

Photo_2       

      バレリーナ≫ (ミヤマウグイスカグラ)

Photo_3

           ・・・そんなふうに見えてきました・・・

2013年4月11日 (木)

花咲く準備 ~オトコヨウゾメ~

     羽根がついた王冠?

Dsc_03888

      オトコヨウゾメの花芽です。

      丸いつぼみが白い花になるのはひと月も先のこと。

      用意おさおさ怠りない、といったところでしょうか?

鳥撮りの日

  少し肌寒い日、開き始めた花も閉じてしまいます。
  こんなときは、一枚も花の写真は撮れそうにありません。

  人影のない山は鳥が飛び回り、さえずりに満ちています。

  そうだ、鳥が撮れるかもしれません。

 Photo_10

あら、
 シジュウカラは顔に 枝がかかってしまいました。

Photo_12

コゲラは樹上高くにいて、
 今日のカメラではこれが精いっぱいのズーム。

         鳥は難しい・・・

2013年4月 9日 (火)

かわいい!

      日ざしの中、斜面を駆け下りてくるカモシカ。

      私に気付いて立ち止まりました。

Photo     まだ小さなカモシカです。

     横に向きをかえて走ります。

Photo_2

     道にぴょんと飛び出して、

Photo_3

     そのまま行くのかと思ったら、

Photo_4

     ちょっと立ち止まってこちらを見て、

     あとは駆け下りて行ってしまいました。

2013年4月 8日 (月)

根子岳と四阿山

     根子岳と四阿山がきれいに見渡せる場所が一か所だけあります。

Photo      雪もだいぶ融けました。

2013年4月 7日 (日)

いいお顔!

       今季一番の近さ!
                写真は遠く見えますが、3メートルくらいです。

Photo

      斜面をさらに近づいて、
      1.5メートルまで接近しました。

       おいしい?Photo_2     

     きりっと、いいお顔
Photo_3

       

2013年4月 6日 (土)

今日の主役 ~フキノトウ~

        フキノトウの黄緑色は
        さながら春のネオンサイン

Photo

        遠くにあっても
        明るい光を放ち
        その存在を教えてくれる。

        

2013年4月 5日 (金)

今日のお気に入り

    新芽(何の木か不明)
Photo

   ツノハシバミの雄花と
Photo_2   雌花
Photo_3

    ダンコウバイ
Photo_4

                 光はスポットライト。 

2013年4月 4日 (木)

ダンコウバイに蜂

   いつもは車で登ってしまう、登山口に至る林道を歩きました。

   今、花の主役はダンコウバイ(檀香梅)。

Photo

   遠く、近く、黄色の花が午後の日ざしに輝きます。

Photo_2

   花の間に小さなきらめきが・・・

Photo_3

   蜂が飛び回っていました。

Photo_4
   生き物たちも動き出す春、始まる。

2013年4月 3日 (水)

山頂のカスミザクラ ~3月~

     里ではサクラが開花しました。

     山のサクラ前線が頂上に登ってくるのはまだ先・・・  

Photo_2             <3.26.2013>

2013年4月 2日 (火)

お地蔵様は何見てる?

 今日(4月2日)は建具やさんがドアの修理に来ていたりして、
 山に行けずじまい。

 アルバムから引っ張り出した今日の一枚です。

 Photo_2            <3.21.2013>

2013年4月 1日 (月)

ダンコウバイ(檀香梅)

       ダンコウバイの黄色は
       里山に春を告げる色。

       ふもとから上へ上へ、
       春の色が登っていきます。

Photo

    四月になりました。
    内容をプチ・リニューアルしようと思っています。

  

 

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »