« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

ちゃんと サワギク

 昨日は
 ちょっと気の毒な登場をさせてしまったサワギク

 あらためて日ざしの中に登場です。

Photo

2013年6月29日 (土)

失敗写真だけど ~サワギク~

 写真としては失敗だろうなあ、と思うのですが、
 ちょっと面白くて、削除できなかった一枚。

 花はサワギク。 後ろ向きです。Photo

2013年6月28日 (金)

くるくるっ

 くるくるっと
 あんまり上手に巻いていたので…

Photo

2013年6月27日 (木)

雨上がりのツリバナ

 雨上がりは水玉コレクション。

 ウツギにも、
Photo_2

 ツリバナにも
Photo

2013年6月26日 (水)

ニガナ、 シロバナニガナ、 ハナニガナ

 ニガナが風にそよぎます。
Photo_6

Photo_7

シロバナニガナニガナの変種で、
Photo_8

Photo_9

ハナニガナシロバナニガナの黄色の花・・・ややこしい・・・
Photo_10

Photo_11

2013年6月25日 (火)

小さな花 その1 ~ヤマムグラ~

 日陰に咲くヤマムグラ

 小星をちりばめたよう。

 うーん、上手く撮れない・・・

Photo

 小さいこの花が撮りたくて、カメラ買いました。

Photo_2

Photo_5

2013年6月24日 (月)

清楚に、華やかに ~バイカウツギ~

 
 花びらの数は4枚ですが、
 梅に見立てられ、

 大きな花が華やかに揺れます。

 それでいて清楚な花は バイカウツギ

Photo

 傍らを通り過ぎる時、
 ふわりと香ります。

Photo_2

2013年6月23日 (日)

コゴメウツギ

 初夏になったと感じさせる花はいろいろありますが、
 コゴメウツギもそのひとつ。
Photo_11

 山裾から山頂へ、
 「小米」 と呼ばれる小さな花で、
 季節の歩みを彩っていきます。

Photo_12

Photo_13

2013年6月22日 (土)

葉陰のルビー ~ミヤマウグイスカグラ 実~

 緑の葉陰にルビーのように揺れるのは
 ミヤマウグイスカグラの実。

 ほの甘くて
 葉を分けてひとつふたつと、つまんでいると、
 なんだか鳥になった気がします。
Photo_10

 

2013年6月21日 (金)

美味しく実りました ~モミジイチゴ~

 モミジイチゴが熟し始めました。

 花が咲いたのは5月。
Photo_7

Photo_8

  透き通ったオレンジ色の実が、
  宝石のように光ります。
Photo_9

 食べながら登る楽しみ。

2013年6月20日 (木)

葉っぱに乗って ~ハナイカダ 実~

  ハナイカダの雌花はやがて実になります。

  葉っぱの船はどこにも行けないけれど、
  風に吹かれて波間を進む船のよう。
Photo_5

Photo_6

2013年6月19日 (水)

葉っぱに乗って ~ハナイカダ 花~

 葉の真ん中に花が咲くハナイカダ

      雌花Photo

       雄花Photo_2

Photo_3

     お気に入りの一枚。 (2011年5月25日 撮影)Photo_4

2013年6月18日 (火)

雲海

 今日は東峠から雲海を見ました。

Photo

 昼の2時に雲海を見るのは初めて。
Photo_4

 急いで急いで頂上へ。
Photo_3

 雲があふれて流れ落ちていました。
Photo_5

2013年6月17日 (月)

華やかに ~ヤマツツジ~

 今年、ヤマツツジが見事に咲きました。

 社務所前の大きな株は、富士山の形をしている、と言われます。

Photo

 いろいろな表情を集めてみました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6  

2013年6月16日 (日)

ヤマがつくだけで ~ヤマハタザオ~

 背が高くて
 空に向かってすっくとのびるハタザオと違い、
 道の辺の草むらに
 遠慮がちに伸びる
 ヤマハタザオ。

Photo

 うっかり通り過ぎてしまいそう。

Photo_5

Photo_6   

 

 

2013年6月15日 (土)

ハタザオ

 名前ぴったり。

 ハタザオ

 気持ちがすうっとする
 立ち姿。

Photo

 下から咲いて、
 まだまだ背が伸びそう。
Photo_2

2013年6月14日 (金)

足元の舞い姿 ~マイヅルソウ~

 もっと高い山にあるものだと思っていたマイズルソウが、
 足元に咲いているなんて

Photo

 葉の様子を、
 羽を広げた鶴に見立てて、マイズルソウ。

 Photo_2

2013年6月13日 (木)

名前は怖いけれど ~オニタビラコ~

 里に下りれば
 雑草と呼ばれてしまうであろうオニタビラコも、

 山道で出会うと、何の花かと、
 人の足を止めさせる。

 咲き始めはコンパクトだけれど・・・Photo

 だんだんに広がって・・・Photo_2

同じ花とは思えない。Photo_3

 
 

2013年6月12日 (水)

バイカウツギとアサギマダラ

 渡りをする蝶・・・アサギマダラ

 ふわりと飛び、
 たおやかに舞い、

 弱々しくさえ見える姿のどこに
 海をも越えるたくましさがあるのだろうか・・・

 ステンドグラスのような羽を見ると、
 カメラを向けたくなります。
 今日はバイカウツギを行ったり来たり。

Photo

Photo_2

 

2013年6月11日 (火)

風にゆれるモビール ~ツリバナ~

 ツリバナの下を行くとき、
 なぜかいつも風の中。

    揺れるモビール
    写真泣かせ。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2013年6月10日 (月)

「ガク」がかわいい ~ツクバネウツギ~

 黄色のツクバネウツギがたくさん咲いているのに出会うと、
 楽しくなります。

Photo

Photo_2

 ツクバネの名の由来は「ガク」。
 くるくるっとかわいい羽根つきの羽の形。

Photo_3

2013年6月 9日 (日)

まるでエナメルコーティング ~ウマノアシガタ~

 ウマノアシガタ

Photo

 花びらが八重のものが キンポウゲ・・・
 一重のものが ウマノアシガタ・・・

 これは一重だからウマノアシガタ。
 どっちだっけ? と時々迷う。

 光を浴びて、まるでエナメルコーティングのように、金色に輝く。

Photo_2 Photo_3

Photo_4

       

 

2013年6月 8日 (土)

5月のサクラ

 その時は気づいたのに、
 それからしばらく遠ざかっていました。

 気がつくと、もう幾日も過ぎてしまい、
 花は静かに散りさってしまいました。

 もっときれいに写せたかもしれないのに・・・

 後悔しています。

   ミヤマザクラは、サクラの中で、最後に咲くサクラです。 

Photo_2 

Photo_3

Photo_4

2013年6月 7日 (金)

今年のアヤメ

  今年はあまりに雨が少ない。

  乾燥地に咲くといっても
  アヤメも気の毒。

  いつもより小ぶりの丈で、ようよう咲いています。

Dsc_188410_2

Dsc_189510_2

      雨が欲しい・・・

2013年6月 6日 (木)

似ている 3 ~タネツケバナ~

 ジャニンジンと間違えてしまうのがタネツケバナ

Photo

Photo_2

 よく見ると違うのに
 ジャニンジンのアルバムにタネツケバナが、
 タネツケバナのアルバムにジャニンジンが、
 ときどき混じってしまいます。

2013年6月 5日 (水)

花芯の紅 ~オトコヨウゾメ~

長く楽しんだオトコヨウゾメの花。

Dsc_070610_3

 花芯の紅が心に残ります。

Dsc_089510

Dsc_090110  

2013年6月 4日 (火)

似ている 2 ~ジャニンジン~

 白いアブラナ科の花は同じに見えることがあります。

Photo_6

 昨日のマルバコンロンソウと、
 今日のジャニンジンと…

Photo_7

 蛇が好きそうな、
 あるいは、切れ込みの深い葉が不気味な花だから
 「」が付いたそうだけれど、

 十字の花びらはかわいい。

Photo_8

 

2013年6月 3日 (月)

似ている 1 ~マルバコンロンソウ~

 同じころ咲いて、
 うっかり名前を間違えそうな花が3種類。

 最初に登場するのは マルバコンロンソウ

 一番わかりやすいのに
 写真にすると似てしまう。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2013年6月 2日 (日)

木漏れ日に輝く ~イワガラミ ・ ヤマツツジ ・ ホオ~

      木漏れ日が
      スポットライトのように
      葉や花を照らしていて
      思わず立ち止まることがあります。

     <イワガラミ>Dsc_090910_3 

     <ヤマツツジ>Dsc_103310

     ホオノキの若木>Dsc_060310

    

 

2013年6月 1日 (土)

踏まれないで ~フデリンドウ~

 背の高さ5センチほどの フデリンドウ が道端に。Photo_2

 踏まれないで。Photo_3

 誰かに連れていかれないで。Photo_4

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »