« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

冬の花 ~アサマヒゴタイ~

 枯れてなお
 花の形のままに
 アサマヒゴタイはいました。

Photo_3

 

 生き生きと、
 冬に咲く花そのもののようです。

2013年12月29日 (日)

花のあと ~ノダケ~

 ノダケはセリ科の花です。

 いつの間にか種がこぼれていました。

 

Photo_2

 

 来年は、きっと花も撮りましょう。
 

2013年12月28日 (土)

晩秋の旅立ち ~ヤクシソウ~

 晩秋のことです。

 ヤクシソウの綿毛が
 旅立とうとしていました。

Photo

 
 
 

2013年12月27日 (金)

冬の花 ~オケラ~

 種子となって
 すっかり冬枯れの姿となったオケラは、
 まるでドライフラワーのように、 
 咲いていたまま道の辺にありました。

 

 日の陰る山影に…

Photo_4

 

Photo_8

 

 夕日射す丘に…

Photo_6

 

風の音 ~サイカチ~

 この木はサイカチといいます。
 マメ科の大木で、
 鳥がとまっているように見えるのは実です。

Dsc_408410_5

Dsc_408210_4

 

Dsc_408110_2

風が吹くと、
 高い梢で、実同士が触れあって、
 カラカラと音をたてます。
 何の音かと、時々立ち止まってあたりを見回してしまいます。

 冬の風の音です。
Dsc_409810_2

続きを読む "風の音 ~サイカチ~" »

2013年12月25日 (水)

道の辺のランタン ~ヤマアジサイ~

 ヤマアジサイの花は、ドライフラワーのようになって、
 季節が過ぎても残っています。

 雪が積もって、
 まるでランタンのようです。

 

Dsc_402910

2013年12月24日 (火)

こっち向いてよ ~カモシカ~

  おーい、

Dsc_403810

ねーえ、

Dsc_403910

  あ、やっと振り向いてくれた。

Dsc_404110

2013年12月23日 (月)

冬の花 ~アキノキリンソウ~

 もう花は咲いていません。
 種子も飛んで行ってしまいました。

 でも、花の跡がまるで冬に咲いた花のように見えます。

 アキノキリンソウの種の痕もまた。

Photo

2013年12月22日 (日)

晩秋の夕日に染まる ~オケラ~

 ドライフラワーのように
 形を残すオケラ
 遅い秋の夕日がさしていました。

Photo

2013年12月21日 (土)

霧氷の山

 北風が湿り気を運んで
 山に吹き付けると
 たちまち霧氷となって
 山を染める。

Dsc_390610


 

2013年12月20日 (金)

雪帽子 ~ムラサキシキブ~

 雪はムラサキシキブの実にも。

 少し褪せてしまった紫が、
 みずみずしさを、しばし取り戻したかのようです。

Dsc_397910

 

2013年12月19日 (木)

雪帽子 ~ヤマカシュウ~

 雪が降ってきたので
 いそいそ山へ出かけます。

 雪の日でなければ出会えないものがあるはず・・・

 たとえば、
 雪の帽子を被ったヤマカシュウの実のように。

Photo

2013年12月18日 (水)

雪にたたずむ 

 午後から雪が降り出しました。
 カモシカに会えるかな?と内心少し期待しながら
 雪の山へ。

 

Dsc_397010_3

本当に出会えたので、嬉しくなりました。

Dsc_396910_5

 

 

今日は鳥撮り

 カモシカにも会わず、
 何も写真を撮れない日、
 鳥を撮ってみます。

Dsc_387410

 真ん中に、 エガラ

 Dsc_387510

 う~ん、難しい・・・

 私のレンズ(200ミリ)ではこれが限界です。

2013年12月17日 (火)

今日の富士山と南アルプス

 日は翳りましたが、
 かえって遠目がききました。

 久しぶりの富士山と、
Dsc_389910_2

 南アルプス、北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳
Dsc_389810

2013年12月16日 (月)

サッカーボールの小玉? ~ヤマカシュウ~

 ヤマカシュウの実が
 何もなくなった山道に揺れています。

 枯れて、乾燥しています。

 小さなサッカーボールを結び合わせたみたいです。

Photo_2

 

2013年12月15日 (日)

小雪降る

 小雪が降ります。

 Dsc_381510_2

 

 あとからあとから、

 Dsc_381810

 冬が降ります。

2013年12月14日 (土)

ひとこまの風景

 冬枯れの山道。

 歩く人。

 Photo

2013年12月13日 (金)

雪のネックレス

 小雪が蜘蛛の糸でネックレスを作った。

Dsc_386210_2    

 こちらが新作のデザインです。

Dsc_384610

 

 こちらのデザインはいかがですか?

Dsc_384910_2

 

 出来上がりはこんな感じ・・・
 きっとお似合いになりますよ。

Dsc_383810_2

2013年12月12日 (木)

今日は2メートル

 今日もいました。
Dsc_379110

 何を見てるのかな?

Dsc_379010_3

 

 とりあえず、むしゃむしゃ・・・

Dsc_379910_2

 

 やっぱり気になる?

Dsc_380410_2

 

 あ、向かいの斜面のこちらが気になったのね!

Dsc_380610

2013年12月11日 (水)

初冬の赤い色 ~ガマズミ~

 冬枯れの山は一色ずつ色がフェードアウトしていきます。

 セピアの色に包まれた山に残る赤い色は
 大切な宝石のようです。

Photo

 

2013年12月10日 (火)

今日も遠い・・・ ~カモシカ~

 あら、カモシカ?
 ねーえ、何してるのー?

Dsc_375610

 あ、振り向いた!
 食事中なのね。

Dsc_375810

 それにしても私のカメラでは遠い・・・

 わかっているみたいで、あとは知らんぷりされました。

 

2013年12月 9日 (月)

視線 ~カモシカ~

 ふと見上げると、
 カモシカがこちらを見ていました。

 Dsc_372310

 視線・・・感じてしまうものです。
 端正な顔立ちです。

Dsc_372610

 このままじっと動いてくれないので、
 少し離れて様子を見ていると・・・
 

 Dsc_373010

 少しして、
 斜面を駆け下りて道出てくるといったん立ち止まり、

Dsc_373210

 

 そのまま、勢いよく右の斜面を駆け下りて行ってしまいました。

Dsc_373310

ピントが間に合いません。 ひどくボケた写真になってしまいました。

 

2013年12月 8日 (日)

ウツギの実

 花はもうないけれど、
 実の出番。

 華やかではないけれど、
 季節の彩り。

 今日の主役はウツギ
 

Photo

2013年12月 7日 (土)

秋の姿 ~オトコヨウゾメ~

 秋深く
 枯れ枝に残る実ひとつ。

 オトコヨウゾメ

Photo

2013年12月 6日 (金)

青空に映える  ~アオハダ~

 見上げると
 アオハダの赤い実がたくさん。

 Photo

 秋の青空に映えていました。

2013年12月 5日 (木)

初雪

 太郎山に初雪が積もったのは、11月13日でした。

 Dsc_320310_4

 いよいよ冬到来かと、気を引き締めましたが、あっという間に消えてしまいました。

Dsc_323610

 それから、2度目の雪はまだありません。

2013年12月 4日 (水)

つかの間の彩り

 今年の山のモミジは
 長引いた夏の暑さと、雨不足で、
 なかなか色づかないまま、散ってしまうのかと思っていたある日、
 つかの間の彩りに出会った幸運な午後でした。

Dsc_306010

2013年12月 3日 (火)

陽だまり

 夏の日差しと違って、
 秋の陽は少し斜めに差し込みます。
 地面に近く、目立つことのなかった葉にも光は届き、
 まばゆい輝きがひととき宿ります。

Dsc_310910
 

2013年12月 2日 (月)

遠い姿

 木の葉がすっかり落ちて、
 林の奥まで見通せるようになりました。

 カモシカの遠い姿もわかります。

Dsc_356410
 

2013年12月 1日 (日)

落葉

 風が急に吹いてきて、
 木の葉が一斉に舞い落ちてきました。

 時雨になりそうだと思う間もなく、
 細かい雨が降り始め、
 急いで山道を駆け下りたのでした。

Dsc_302010

                                                        (撮影日:10月30日)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »