« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

今年は豊作

ミヤマウグイスカグラの赤い実

Dsc_596110_2
豊作豊作。

Dsc_596710

2014年6月29日 (日)

雲の下、雨の気配

 風が吹いて、雨は北へ。

Dsc_628710

 塵が雨に洗われて、街がくっきりしています。

Dsc_629310

 尾根が分ける雨。

Dsc_629810

雨が降る前にと、
山に出かけました。

坂城町はもう降っているようでした。

上田は、まだもう少し降らずにすむようです。
高曇りの風景は、かえってはっきりしていました。 

2014年6月28日 (土)

しずく、きらり

ウワミズザクラにしずくの実が

Dsc_608610
きらり、きらり・・・

Dsc_609910
きらり・・・

Dsc_611610

2014年6月27日 (金)

草原を渡る風

菅平へ2度目のワラビ狩り。

P104044110

      黄色の花はブタナ。 一面の黄色が揺れていました。

P104044510

      牛はもっと高いところにいて、草原だけが広がっています。

P104044810
      シラカバはいつも絵になります。

2014年6月26日 (木)

雨上がりのガマズミ

Dsc_606910

ガマズミが雨に濡れて、

Dsc_607310
ポロリ・・・

2014年6月25日 (水)

ウマノアシガタ

いつもは太陽の光を浴びて、
金属のような光沢がまばゆい
ウマノアシガタ。

今年は晴れた日に巡り会わなかったので、
やさしい色に撮れました。

Dsc_525510

2014年6月24日 (火)

蝶じゃないの⁈

トリアシショウマに、よくとまっている「蝶」がいます。

Dsc_603810
名前を調べようと、「蝶」の本など見ましたがが、該当するものを見つけられませんでした。
そんなに珍しいものではないと思うのですが・・・

もしかしたら、と思い、
調べる範囲を広げたところ、「蝶」ではなく「蛾」だと判明。

「蛾」だと分かった瞬間、少々引いてしまった我が身です・・・

 「キンモンガ」 といいます。 蝶のような蛾です。

2014年6月23日 (月)

だれにもナイショ 秘密の花

 絶滅危惧種の花の咲く場所を知っています。
 3年前には3株盗掘されましたが、
 2本残りました。

 それはベニバナヤマシャクヤク。

Dsc_515210
 わずか1日か2日で花を開き、散ってしまいます。

Dsc_514910

 2日後、すでに花びらは散り落ちていました。

 そのほうが良い。
 なるべく見つからずにすむには・・・

2014年6月22日 (日)

一人より二人のほうが物静か

ヒトリシズカが咲き終えて、忘れられそうな頃、
ようやく咲くのがフタリシズカ。

Dsc_526210
ヒトリシズカよりも、
どこか物静かな佇まい。

2014年6月21日 (土)

トビを撮る

 トビが獲物を狙っているのか、山頂の空をしきりに旋回していました。

Dsc_576810
頑張ってカメラで追いますが、トビの速さに追い付けません。

Dsc_577310
やっときました!

Dsc_577510
かっこいい!(トリミング)

Dsc_5775trim
これ以上追えませんでした。

Dsc_577710
ん? なにか掴んでいる? 口から何か落ちたように見えます。(トリミング)

Dsc_5777trim
鳥を撮るのは難しい。 
それだけに、撮れると嬉しい。
もっとも、私のカメラとレンズでは、これが限界です。

2014年6月19日 (木)

山頂のアヤメ

 山頂のアヤメが見ごろに。

Dsc_574910
今年は丈が小さくて、考えていた構図にはならず・・・

Dsc_576610
でも、花はきれい。

Dsc_576210

Dsc_576410

2014年6月18日 (水)

これも花 スミレ 閉鎖花

春咲く花が終わり、
咲いた花が種を持つ頃、
スミレは閉鎖花を持ちます。

Dsc_518110

 これも花。
 この中で、受粉を行い、種を持ちます。

2014年6月17日 (火)

輝くレンゲツツジ

初夏の日差しの中、山頂に咲くレンゲツツジ。

Dsc_489110

青空が似合う。

Dsc_488210

2014年6月16日 (月)

花が葉に乗る ハナイカダ

見るたび不思議なハナイカダ。

Dsc_490410

葉の真ん中で花が咲く。
Dsc_464110

こちらが雌花
Dsc_450510

こちらが雄花
Dsc_489610

2014年6月15日 (日)

ヤマツツジ

鮮やかなヤマツツジに出会って、
つい、足を止めました。

Dsc_467910

もう少し近寄って・・・
Dsc_465810

もう少し・・・

Dsc_468310

2014年6月14日 (土)

梅雨の晴れ間に菅平

6月10日、
梅雨の晴れ間に、菅平へわらび狩りです。

P104023310

良い具合!

P104023710
あんまりきれいにハルリンドウが咲いていたので、わらびを採る手を止めて、

P104024910
レンゲツツジとシラカバはこの時期外せない取り合わせ。

P104025010
堂々と立つシラカバの大木。

P104025210
帰りがけ、根子岳の雲が切れて、山頂が望めました。

P104025510
わらび?
そりゃもう、大収穫でした。

2014年6月13日 (金)

シロバナイブキスミレ

 もうすっかりスミレは終わり、と思うころ、
 東の峠あたりに咲きだすのがシロバナイブキスミレ

Dsc_475410

 背は高いけれど、
 控えめで、うっかり見過ごしてしまいそう。

 静かに咲いて、スミレの季節を締めくくります。

Dsc_475510

2014年6月12日 (木)

クルマバソウ香る

 とある大きな木の下にクルマバソウが咲いている、と教わったのは、
 もうだいぶ前のことです。

Dsc_398210
 近くによると、虫も飛び交って、かすかに匂います。

Dsc_399810

Dsc_422310
 この香、香水になるのだそうです。

2014年6月11日 (水)

今年のニリンソウ

 ニリンソウが今年も咲きました。

Dsc_371910

 山中の群生地には

Dsc_400510
 訪れる人もいません。

Dsc_401110
 花の中にいると、私も花になったようです。

Dsc_406410
 花の時期は長く、
 眺めた期間も長い今年でした。

Dsc_427310

Dsc_379510

Dsc_386610

 

Dsc_398610

 

2014年6月10日 (火)

ヤマブドウ

 日がそろそろ傾いていました。
 ヤマブドウの新芽にちょうど太陽の光があたっていました。

Dsc_413410

 柔らかく、肉厚な若芽は天ぷらに最適。
 タラの芽が山菜の王様なら、
 女王様はヤマブドウだと、勝手に思っています。

Dsc_414010
 今夜の食卓にと、
 ひとり2個、全部で6個だけ、もらいました。

 甘酸っぱくて、わずかにブドウの香が鼻にぬける、天ぷらです。

Dsc_414610

 

 
 

 

2014年6月 9日 (月)

ちょっとひといき 今日は薔薇

友人宅へ薔薇を見に行きました。

野山の花を離れて、
今日は薔薇。

Photo<ジュリア>

Photo_2<グラハム トーマス>

Photo_3<クイーン オブ スウェーデン>

Photo_4<しのぶれど>

Photo_5

Photo_6<ペッシュ ボンボン>

Photo_7

<アイスバーグ>

Photo_8

Photo_9

Photo_10

2014年6月 8日 (日)

チゴユリ

 うつむいてばかりいるチゴユリです。

Dsc_420910
 2輪並べば寂しくないね。

Dsc_421610

 
 

2014年6月 7日 (土)

ヒトリシズカ

 静御前の舞姿になぞらえて名前がついたヒトリシズカ

Dsc_402910

 ひとりでいることは少なくて、
 いつもみんなと一緒です。

Dsc_402210

 山のあちこちから、おしゃべりのさざめきが聞こえてきそうな、
 群れ咲く花です。 

Dsc_372810
 陽だまりに
 ほら、こうして・・・

Dsc_373210

2014年6月 6日 (金)

アサギマダラ 舞う

渡りをする蝶、アサギマダラが舞い始めました。

渡ってきたのか、
ここで生まれたのかは不明。

目の前を風にまかせるように
ふわりと飛ぶ姿は、「飛ぶ」 というより、「舞う」 というほうが似合っています。

舞っている姿を撮りたい、といつも思うのですが、
風まかせのようでいて、カメラを構えると、速い。

現れたアサギマダラを追って、
えい、と流し撮りになりましたら・・・

写っていました。

Dsc_527810
拡大すると、スピードに追いつけずにブレているのがわかりますが、
けっこう気に入りました。

2014年6月 5日 (木)

クリンユキフデ

 太郎山にあると聞いていましたが、
 どこに咲いているのだろうと、いつも探していました。

 クリンユキフデ。

Dsc_410610

 あら、こんなところに、と、 ある日偶然見つけたのは、
 西の峠へ下る道端。

Dsc_411610

 どんな角度で撮ったら良いのか・・・
 私も縦になったり、横になったり。

Dsc_411110
 よくよく見ると、
 2枚3枚、ひらひらと重なった花びらの、
 淡い紫色がさりげなくおしゃれ。 

2014年6月 4日 (水)

コウゾ

 去年、母が、「あら、この実おいしい」
 と言って食べていたコウゾ

 そういえば、どんな花が咲くのか見ていなかった。

 見上げてみたら、
 ちょうど咲いていた。

Dsc_428310
 長い花柱が花びらのように見えなくも・・・
 いや、見えないか。

 あたりに発する光のようにも見え、
 珍しく一枚撮ったきりで、気に入った。
 

 
 

2014年6月 3日 (火)

ニガイチゴ

「イチゴ」と名のつく実はみんな食べられるとか。
ニガイチゴ」とついていても。

Dsc_455110

甘いけど、
種は苦いらしい。

Dsc_454910

2014年6月 2日 (月)

マルバコンロンソウ

やや日陰に咲く白い花。

マルバコンロンソウ。
アブラナ科はみんな似ていて、気づかれることもきっと少ないから、

カメラを向けたら、
やさしい姿が写りました。

Dsc_450110

 

2014年6月 1日 (日)

ズミ

 桜はすっかり終わりなのに、
 満開の桜か?

 白く見える花だけど梨か?

 Dsc_438910

 と、一瞬迷ってしまいますが、
 ズミです。

 バラ科リンゴ属。 コナシなどとも呼ばれますから、梨は当たらずともいえども遠からず。

Dsc_438710

つぼみのピンク色が、まさしくリンゴの仲間だと、物語っています。

Dsc_436710

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »