« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

初秋の湿原 7

Dsc_265410
少しずつ色を変える梢に
秋の訪れを感じます。

2014年9月29日 (月)

初秋の湿原 6

Dsc_260810

ツルコケモモ

Dsc_263710

2014年9月28日 (日)

初秋の湿原 5

Dsc_264910
佐久方面。

Dsc_265110

2014年9月27日 (土)

初秋の湿原 4

ヤマハハコ

Dsc_263210

Dsc_263310

2014年9月26日 (金)

初秋の湿原 3

Dsc_261210

Dsc_262310

Dsc_264610

2014年9月25日 (木)

初秋の湿原 2

ヤナギラン

Dsc_260710

Dsc_260910

Dsc_266110

Dsc_266210

2014年9月24日 (水)

初秋の湿原 1

いつもの太郎山を出て、
湯の丸高原池の平湿原にでかけました。

紅葉にはまだ早く、木々はまだ色づいていませんでしたが、
さわやかな風が吹いていました。

高原の風景と、
であった花を、
数回に分けて載せます。

Dsc_260610

名残りのヤナギラン

Dsc_259610

2014年9月23日 (火)

ハナイカリ

なぜにこの形になったのか・・・
自然の造形は不思議です。

Dsc_193310
ハナイカリ。
道端に錨をおろして。
待つのは誰?

Dsc_185010

2014年9月22日 (月)

クサボタン

 クサボタンのボタンは葉が似ているから。
 花は・・・

Dsc_225110

鐘のよう。

Dsc_225410

くるん、と丸まっているのは、がく、なんですって。

2014年9月21日 (日)

秋草

秋草揺れる。

Dsc_245010

山の草原にも秋。

2014年9月20日 (土)

名残りの羽

 ああ、まだいたの?
 夏は過ぎたというのに。

 渡らないの?
 ここにいるの?

 名残りのアサギマダラ。

Dsc_231610

2014年9月19日 (金)

秋の途中 ~オトコヨウゾメ~

 オトコヨウゾメの実が色づき始めて、
 葉影に下がります。

Dsc_230110
 
もっともっと赤くなるはず。
秋はこれから。

Dsc_230710

2014年9月18日 (木)

星の実? ~クサギ~

 この「星」は?

Dsc_226010
クサギの実。
見事な星型に開きました。

Dsc_226210

2014年9月17日 (水)

クリ、クルミ、山の恵み

 クリが豊作です。

Dsc_222210

クルミも良い具合です。

Dsc_204010
山の恵みは順調に育っています。
山の住人も、実が落ちるのを今か今かと待っていることでしょう。

2014年9月16日 (火)

オケラ

 誰がこんなに上手に編み上げたのでしょう。

Dsc_209710
緑の籠はさながら編み上げ細工です。

Dsc_211510
籠に盛られた白い花はオケラの花。

Dsc_210610

2014年9月15日 (月)

ヤマハッカ

 紫の小花が、
 時として輝き、
 足を止めて眺めるも、
 
 その花の小ささゆえに、
 思うように写せないヤマハッカ。

 離れて写すのも良いかもしれないと思った一枚。

Dsc_203810
少しピントは甘いけど・・・

2014年9月14日 (日)

雨のち晴れ ~ツリガネニンジン~

雨上がりのツリガネニンジンにひとつぶのしずく。

Dsc_168810

日ざしが戻って、輝く・・・

Dsc_195310

2014年9月13日 (土)

オオガンクビソウ

山頂の草原の中に、オオガンクビソウを見つけました。

Dsc_219910

初めて見つけたので、ちょっと嬉しい。

Dsc_220210

ちなみに、こちらが普通のガンクビソウ。

Dsc_096610_2
オオガンクビソウに、「大」 がつくのが良くわかる。

Dsc_220710
ひまわりみたいに見えなくもない・・・

2014年9月12日 (金)

何を見ているの? ユウスゲとアゲハ

ユウスゲにとまっているアゲハチョウ。

Dsc_148010
花の先で、蜜を吸うでもなく、
どこか遠くを見ているよう。

何を見ているのでしょう?

2014年9月11日 (木)

オオルリソウ

 山頂の草刈りが行われ、
 今まで目に触れなかった花が
 目につくようになりました。

 オオルリソウもそのひとつです。

Dsc_162910

小さな花ですが、
その名の瑠璃色がきれいです。

Dsc_162410

2014年9月10日 (水)

こんにちは ~レンゲショウマ~

 レンゲショウマにお客さんが。

Dsc_081010
あいさつを交わしているようです。

2014年9月 9日 (火)

秋草の野原

9月8日は白露とか。

今年は残暑もないまま、秋になってしまいそう。

太郎山山頂は、定期的に草刈りが行われる、半自然草地なので、
うっかりすると、きれいに刈り払われてしまっていて、がっかりもしますが、
そのため、多様な植物が生育する環境でもあるといえます。

山頂はきれいに刈られていますが、
直下は秋草が茂っています。

Dsc_222010

Dsc_221810

女郎花がすっと立っていました。 紫の点はヤマハッカです。

Dsc_214010
おや? 蜂が飛んできました。

Dsc_214610
モリアザミはこれから咲き始めます。

Dsc_217110

2014年9月 8日 (月)

光を背に ~ヤマハッカ~

 逆光のヤマハッカを撮りました。

Dsc_099010
写真としては失敗かもしれませんが、
光がぼかした輪郭が気に入って、消せませんでした。

2014年9月 7日 (日)

ナンバンハコベ

まるで海を渡ってきたような名前のナンバンハコベ

Dsc_038310
もともと日本にあったそうです。

Dsc_199710

海を渡ってきたような、エキゾチックな花ゆえに、ついた名前ですね。

Dsc_199910

2014年9月 6日 (土)

アキカラマツ

秋とついていますが、
夏から咲いています。

アキカラマツ

Dsc_738510

秋になって、
ほんとうにアキカラマツ

Dsc_094310

2014年9月 5日 (金)

ユウスゲが山を見ている

 ユウスゲがまだ咲いています。

 まるで、遠くの山々を眺めているような後姿です。

Dsc_180510

2014年9月 4日 (木)

そろそろ実りの秋へ

春に、夏に、咲いた花が、
実を結んで、色づく季節になってきました。

ウワミズザクラも、

Dsc_183910

クリも、

Dsc_191510

もうしばらくしたら、もっともっと良い色になるでしょう。

2014年9月 3日 (水)

ノダケと言います

夏の終わりから咲き始めます。
背の高いセリ科の花。

ちょっとグロテスクな姿とは裏腹に
繊細な小花が集まっています。

Dsc_034710

2014年9月 2日 (火)

キツネノボタン

有毒、と思うからか、
ちょっと妖しげに見えるキツネノボタンです。

Dsc_077710

2014年9月 1日 (月)

9月は秋を感じる花からスタート ~ワレモコウ~

 ワレモコウが咲き始めています。

Dsc_160810
高原の秋を連想する花ですが、里山の草原にも揺れています。

Dsc_161410
我もまた紅。 心に秋をともす火口のようです。

Dsc_125510

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »