« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

夕景二景

 午後4時

 上田城跡に日が沈んでいきます。

Dsc_518410

上田高校にもまた。

Dsc_519910

2015年1月30日 (金)

雨の後

暖かい日が2日ほど続き、

昨日は-10度の朝。

山では雪の表面が、雨でコーティングされたうえに

寒さで凍ってしまったので、

雪の上でもほとんど沈まないで歩けてしまう。

Dsc_526610
今日はまた雪になるとか。

雪降って、凍ってまた雪、融けてまた雪、雨、また雪。

ひと冬何層の雪が重なることやら。

Dsc_527410

2015年1月29日 (木)

季節外れのクリスマスオーナメント

1月に雨なんて。

前も同じフレーズを書いた気がする。

それにしても

1月に雨なんて。 信じられないことだ。

それも、雪に変わることなく、一晩降るなんて。

翌朝、パープルフェザーの葉に水滴がたくさんついていた。

Dsc_524410
クリスマスツリーのオーナメントのようだ。

Dsc_522310_2
太陽の光があれば、

きっと七色に煌いたことだろうに、

それは叶わなかった。

Dsc_521210

2015年1月28日 (水)

坂道

我が家近くの坂道です。

こんな石垣珍しくなりましたかねえ。

Dsc_517710

坂を下りきったところに

さっちゃんの家がありましたっけ。

その先は分かれ道になっていて

右に行けば我が家。 左は田んぼに畑、桑畑の中。

田んぼの畔で、ノビルを見つけて、何とか丸い根を掘り出そうと苦心した学校帰り。

道草も楽しいのどかな道でした。

 

2015年1月27日 (火)

不動滝 その後

不動滝のその後です。

Csc_508210
順調に氷は成長中でしたが、

この2、3日、暖かいので、

氷が落ちてしまったかもしれません。

2015年1月26日 (月)

風紋

風が強い曲がり角。
雪の風紋ができていた。

Dsc_517510
荒野を行くようだ。

2015年1月25日 (日)

新雪にひとり

1月に雨だなんて。

さすがに山では雪になったらしいが、
昨日までの雪の、薄いところはシャーベットになっていた。
だれかが往復した足跡がファスナーのように道についている。

Dsc_512510
山に入ると、
場所よって風が強く吹く。
木の幹に吹き付けられた雪で、風が強かったと分かる。
こうしてみると、改めて斜面の角度がわかる。
こんなに急だったんだ。

Dsc_513010
東太郎の雪雲が晴れた。
尾根が白い。

Dsc_512810_2
白樺にも雪が吹きつけていた。

Dsc_514710
すでに、足跡は新雪に消され、
新しい雪をラッセルして登る。
湿っぽい雪だ。
深くはないが、雪の中を歩くのは疲れる。

Dsc_515310
でも、下りは楽しい。
もし転んでも雪に突っ込むだけで、
怪我しないから、
雪の中を駆けて下れる。

2015年1月24日 (土)

冬の陽

大寒という日、

山の端から射す日の光は

柔らかく雪の斜面を照らすが、

力は弱く、暖かさは届かない。

Dsc_508110
ただ、その明るさにほっとする。

日が翳った午後の山は

良く知っていても寂しいものだから。

2015年1月23日 (金)

シルエット

梢の小鳥はいつもシルエット。

Dsc_504610
コゲラ?
エナガ?
さて、だれかな?

Dsc_504650trim

2015年1月22日 (木)

コブシの芽

春の息吹を含んで、
少しずつ、少しずつ大きくなっていく
コブシの花芽、

Dsc_505910
柔らかな産毛の光がお気に入り。

Dsc_506010

2015年1月21日 (水)

久しぶりの峠

久しぶりに、
峠まで。

Dsc_505510
足跡の一本道をたどってきました。

Dsc_505710
北から雪がやってきそうです。

2015年1月20日 (火)

水の造形

滝の落ち口、
水飲み場に、
はねた水滴が氷のボールを作って並べました。

Dsc_503610
ころころ
ころころ

面白い形です。

2015年1月19日 (月)

足跡

うさぎと人と

同じ道を歩いています。

Dsc_487510
並んで歩いていたわけではないのでしょうが、

微笑ましい足跡です。

2015年1月18日 (日)

冬と春

雪を乗せるノリウツギ

Dsc_492710
すでに雄花が春を待つツノハシバミ。

Dsc_497210

 小雪をアクセサリーにして。

Dsc_497310

 

2015年1月17日 (土)

再びの雪

少しずつ雪が融けて、このままいけば遠からず登山口まで車で行けるかな?
と思っていた矢先、

 また雪になりました。

Dsc_492510

 20センチくらい積もっています。 

Dsc_494310
 里は気温が高めで、どんどん融けていましたが、山ではそうはいきません。

Dsc_494510
 湿った雪だったので、杉の枝葉にしっかり積もっています。

Dsc_495110
 東太郎山の稜線に雪雲が流れてこんできました。

Dsc_494710
 今まで積もった雪が層になって残っています。 この画では1メートルもあるように見えてしまっていますが、 せいぜい40センチくらいなものです。

Dsc_498710_2
 今日はなにを見ても、面白い画になりそうな気がします。

 

2015年1月16日 (金)

雪中梅

雪です。

あまり寒くないなあ、と思いながら、

写真を撮っていたら、どうしてどうして、

体の中から先に冷えてきました。

気温が高めなので、水っぽい雪です。

Dsc_490310

 

2015年1月15日 (木)

不動滝結氷中

 裏参道入り口の不動滝が凍り始めています。

Dsc_486210_2
水の流れは右端。

これからもっと成長するはずです。

2015年1月14日 (水)

季節のわすれもの

Dsc_486510
梢の先にホオの実が。

Dsc_486910

ひとつだけ、よく梢に残っていました。

よくみると、新芽に囲まれています。

早や次の季節への準備、開始。

2015年1月13日 (火)

新雪追加

里ではうっすら積もった程度の、昨夜来の雪でしたが、

山では3~5センチの積雪になっていました。

Dsc_483310
小正月の繭玉のような枝の雪がそこかしこに。

Dsc_483910
枝からは、雪がときおりさらさらと落ちてきます。 晴れているのに吹雪のようになって、太陽の光が筋に見えます。

Dsc_484210
真ん中に見える木はサイカチ。 マメ科の大木です。 落ちた実をカモシカがよく食べに来るのですが、今年は実の数が少ないようです。

Dsc_484310
裏の道の下の方はもう直射日光は射しません。 うす雲に光が当たったリフレクションで、道の雪が明るくなっています。

Dsc_484810_3
落葉松の枝に積もった雪は自然の造形です。

 

2015年1月12日 (月)

寒中の春

 庭の梅に

 朝日がさしていました。

Dsc_482110
 寒中の空気は冷たく澄んでいます。

 ほんのわずかに開きかけた花びらに

 確実に近寄ってくる春を感じ、

 カメラを取りに家の中に戻りました。

2015年1月11日 (日)

枯葉

先日、レンズを一つ替えました。

18-200㎜を下取りに出して、
18-300㎜にしました。

軽くて使いやすいですが、

まだしっくりきません。

「腕」は棚にあげたままですけど・・・

Dsc_481610
風に揺れる枯葉が印象的だったのですが、

画面がちょっと明る過ぎました。

2015年1月10日 (土)

暖かそうな画と寒そうな画

山に行ったら、

なにかしら一枚は撮ってきたいけれど、

なにもないなあ・・・

ひとつ見つけたのはダンコウバイの花芽。

Dsc_480010
春一番に咲く花の芽はまだ固い。

帰りがけ、小さなつららを見つけた。

ずいぶん寒そうな写真になった。

Dsc_481210

2015年1月 9日 (金)

冬の花姿 ~ボタンヅル~

 今日も相変わらず氷の道でしたが、

 日のあたるところは少しずつ融けています。

 道端に綿毛をひと群れみつけました。

Dsc_479810
風に揺れて、

ピント合わせに苦労しましたが、これはボタンヅルですね。

ふわふわと、鳥の羽のようです。

小さいんですよ。

続きを読む "冬の花姿 ~ボタンヅル~" »

2015年1月 8日 (木)

初太郎山

 今年初めて、太郎山にでかけました。

 先日の暖かさと雨で、どれほど雪が融けたかと、少しは期待しましたが、

 かえって圧雪をすっかり氷にしてしまって、

 車は下のお宮まで。 アイゼン必携です。

 車の轍が、凍っててらてらしています。

Dsc_479110

 山を歩いていると、

 「無」になります。

 仮に、山で、歩きながらなにか考え事をしようと思っていても、

 歩いているうちに、歩くことだけが頭の中にあるようになるのです。

 ふと立ち止まって、「なにか考えようと思っていたけど、なんだったっけ」。 でも、思い出さないことも。

 以前、テレビで、修行をしているお坊さんに、座禅の心境を聞いていました。

 私は座禅の経験はありませんが、

 とても似ている、と感じるのです。

 歩いていると、雑念がなくなって、歩くことに集中している自分がいて、

 心地良い、と思うのです。

Dsc_479310

 ざっ、ざっ、がっ、がっ・・・

 アイゼンの歯が氷に食い込む音だけがBGMのように聞こえ、

 今日も、気が付くと、無心に歩いていました。

 もっとも、凍った道は、滑らないように神経を使うので、余計なことを考えてはいられないのですけれど。

 林道から登山道に入ると、心持ちも、少し変わります。

 木々のさざめき、風の音の中から鳥の声を聞き分けようと耳を澄ませ、

 見通しの良くなった冬の斜面に視線を走らせます。

 そして、いました、いました。 久しぶりに見つけました。

Dsc_478910
 遠いけれど、 カモシカです。

 これが冬の太郎山の楽しみです。

 それにしても、遠いなあ。 ちょっと動いてくれないかなあ。

 しばらく待ちましたが、動いてくれませんでした。

 今日は家を出るのが遅くなったので、あまり上まで行けません。

 時計を見ると午後2時10分。 今日はここで帰ります。

Dsc_479510
 林道を下ります。 

 いつもは車であっという間に通り過ぎてしまう道も、歩くと、見える風景があります。

 梢の向こうに見える街。

 街にはまだ日の光が注いでいます。

 すでに日が陰ってしまった林道からは、明日への希望のようにも見える、街の明るさです。

 

 

 

 

 

2015年1月 7日 (水)

ろくろっ葉にフラミンゴ

 冬の間は温室と化す、我が家のサンルームに、ミニシクラメンの鉢が5、6個ある。

 どれもおまけのいただきものだが、どれも5年ほど経っていて、私の行き届かない世話にもかかわらず、毎年花を咲かせていた。

 昨年もこの通り。

Dsc_525210
葉の数は少ないが、花は良く咲いた。(写真はいずれも2013年3月2日撮影)

Dsc_526510
 今年の様子はこんなだ。

Dsc_482910
 昨年の写真より、ひと月早いとはいえ、何か変でしょ?

 そう、葉っぱがね。 どう見てもシクラメンらしからぬ形態なのです。

 昨年の初夏のころ。

 何時ものかかりつけ薬局に、素晴らしいクンシランの鉢植えがありました。

 直径40センチほどと、ひとまわり小さい30センチほどの鉢ですが、双方ともつやつやした深い緑色の葉の中からしっかりした茎が立ち上がり、濃い朱色の花が大きな薬玉のようにあざやかに咲いていました。

 「見事ですね」 と声をかけると、 園芸が趣味という奥さんはとても嬉しそうに

 「そうなの。 とても良く咲いてくれて」 と目を細めました。

 「主人が家庭菜園をやっていて、ときどき余った肥料をやるんだけれど、それがなんだか効いてるみたいで」

 そこに、当のご主人がやってきて、

 「鉢は土のようにどこまでも根が張れないから、肥料で栄養を補ってやったほうがいいかな、と思って、野菜のだけど、畑に撒くついでにパラパラと」

 良いことを聞いたぞ。 

 うちにも「野菜や果物が良く育つ」とかいう肥料がある。 あれをパラパラと捲いてやろう。

 私はベランダで食用ほおずきを育てているので、 それ用にと肥料を買ってありました。

 シクラメンにも、専用の液体肥料をやってはいたのですが、どうも、あまり効いていないようで、年々葉が貧弱になってきたと思っていました。

 もっとも、いただいたときのままで、植え替えてやりもせず、忘れたころに水をやる程度のものなので、花屋さんの店先に並んでいるような姿にはなるわけもないのですが・・・

 縁あって我が家に来た以上、むざむざ枯らすわけにもいきませんし。

 それから、思いついたときに、パラパラ、パラパラと小さな丸い粒の肥料を鉢に入れていると、まず、今までにない、大きな葉が出てきました。

 うん、野菜や果物が良く育つ肥料は、シクラメンにも効きそうだ。

 しかし、葉は出るけれど、一向に花芽をもつ気配がありません。

 その葉も、茎ばかりが長く伸びるのです。

 日当たりが少ないせいかな、とも思ってみましたが、シクラメンは寒さには案外強くても、暑さ、とくに、直射日光は好まないらしいことが分かってきたので、日当たりの良いところには出せません。

 様子をみるしかないなあ、と思いつつ、肥料をパラパラ、パラパラ・・・

 葉の茎はひょろひょろと伸び続け、およそシクラメンには見えず、蔦かなにかの様相を呈してきました。

 その茎のひょろひょろ具合は、その、なんというか、イメージダウンを承知で敢えて言うと、「ろくろっ首」のようなわけです。 

 言ってみれば、「ろくろっ葉」

Dsc_483010
 葉っぱばかりが育つと思っていましたら、いつのまにか花芽もずいぶん持っているではありませんか。

Dsc_483310

 今の花芽の大きさだと、通常のシクラメンなら、蜜に茂った葉の中にまだ隠れているだろうと思うのですが、

 そこはろくろっ葉。 長い茎は立っていられず鉢の縁から垂れ下がって、球根がすっかり見えています。

 あらわになってしまった花芽は、さながらフラミンゴの群れのよう。

 それにしても花芽の数が確かに多い。 野菜とくだものの肥料は、シクラメンの花にも効いたみたいです。

Dsc_483810

 というわけで、今年のシクラメンは、あまり見かけない形態になっていますが、 ひょろひょろと長いため、隣近所の葉っぱ同士がからんでしまうという、ろくろっ葉を持て余しながらも、 

 フラミンゴが一斉に開花するのを楽しみに待ちます。

 

 

 

 

 

 

2015年1月 6日 (火)

今年のじゃないんです

 今年はまだ太郎山に行けていません。

 元日は天気が悪い上に寒く、

 2日3日は、気が付くと時間が遅くなってしまって、

 4日は、スマホが不調でドコモへ、(原因は電池パックの消耗でした)

 5日は、母と東京に出かけて。

 昨年の1月5日は、なにをしていたのかアルバムを見ました。
 太郎山に登っていました。

 おや、今年と同じく、晴天。

Dsc_421710
 今年も、こんな景色だったのかもしれません。

 ん? でも、昨年は里に雪は降っていなかったんだね。

2015年1月 5日 (月)

ふきのとう

Photo

 「はい、これ。」
 
 私の前に差し出されたのは、小さなビニール袋にでした。
 正月2日、母のいつものゴルフ仲間の新年会の飲み会に、その仲間が迎えにきてくれました。
 お酒を飲まないひとりが、順繰りにほかのメンバーのところを回ってくれるのです。
 クラクションの音がして、「ほら来たよ」。 
 私もご挨拶を、と玄関まで見送りに出て行って、この場面になりました。
 母が靴を履く間に袋の中を見ると、
 「あらまあ、ふきのとう」
 「採ってきたから」
 もう? どこで? などと聞く間もなく、「じゃあ、行ってくるね」 と出かけて行ってしまいました。
 12月で87になった母を、ゴルフの後の飲み会に、カラオケに、はたまた毎月の無尽にと誘ってくれる、いい人たちです。
 歳をとっても友人がいること。 誘ってもらえること。 みなさんが気遣ってくださること。 
 
 
 ありがたいことです。

Photo_2

 そのふきのとうを、中一日置いた今日、「ふきみそ」にしました。
 ふきのとうは、いったんは地上に顔を出したものの、ぶり返した寒さに、「早まったかな」と思ったのかもしれません。
 まだ固く、独特な香りもまだ薄く、ざくざくと切って水にさらすと、苞に包まれた蕾がばらけて、お茶漬けの中の丸いあられのように、水面に浮かびます。
 芯も固そうなので、油を多めにして、炒める時間も長くしました。
 みりん、砂糖、しょうゆ、酒等々で調味した味噌で炒め合わせれば、今年初めての「ふきみそ」完成です。
 毎年、一年ぶりに作る最初は、うまくできるかできないか、半々です。
 さて今年は。
 ちょっとつまんでみます。 うん、上出来。
 明日の朝ごはんは進むことでしょう。
 

Photo_3
 できあがりも、香りは薄い「ふきみそ」ですが、 口中に広がるほろ苦さはまさしく春の味。
 遠い遠い春が、雪の霞の奥に、一瞬垣間見えた気がしました。
 

2015年1月 4日 (日)

氷虹色

残念ながら、ひと月前の撮影です。

Dsc_435810

雪が降った翌日です。
少し融けていました。

溶けて、氷になって、
枝についていました。 
 

淡い虹色が、小さな宝石をつないでいるようです。

2015年1月 3日 (土)

シクラメン

窓辺にシクラメンが咲いています。

Dsc_046110
そっと寄って・・・

Dsc_040610
寄って・・・

Dsc_048810
もっと寄って・・・

Dsc_048210
幻想の花の海。

Dsc_041210
花の波。

Dsc_042010

2015年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。

 寒い年明けになりました。
 曇り空に北風が吹き、
 ときおり小雪が混じります。

 時間もなく、山に行くのはやめました。

 庭の梅から、今年のブログを始めます。

Dsc_470710
早や春を待つ梅のつぼみに舞う雪を撮りたいと思いました。

見ていると、たくさん写りそうなのですが、
実際には、上手くカメラに収まりません。

何枚も撮ったなかに、
一枚、
白い雪が写っていました。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 
 

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »