« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月30日 (土)

ふわふわの雪

雨の後の湿った雪でしたが、

つつじに積もった雪はふわふわして見えました。

Dsc_128510
なんだかんだ言っても、立春間近。

雪を撮れるチャンスは最後かもしれません。

コブシ

冬、もの皆眠る季節に、新しい春への準備を続けている木があります。

コブシ。

Dsc_101510

樹氷につつまれても、生き生きと空を目指すつぼみの数々。

2016年1月29日 (金)

 ため池光る

 塩田平のため池が光っています。

 UFOのように見えなくもなし。

Dsc_105210

2016年1月28日 (木)

海老の尻尾

 木々の枝などにつく樹氷、これを 海老の尻尾 といいます。

 風下から風上に向かって伸びていきます。

 里山の太郎山あたりでは、大きな塊にまで成長することはなく、

 朝できた樹氷は、気温が上がる午後になると落ちてしまいます。

 はらはらと落ちた 海老の尻尾 は積もります。

 雪と違って、またきれいです。

Dsc_101910

2016年1月27日 (水)

凍るシャボン玉

マイナス10.9度の朝、シャボン玉を凍らせてみました。

P109041810

P1090423400x300

P1090425400x300_2

P1090426400x300

P1090430400x300

P1090419400x300

2016年1月26日 (火)

雫散る

 軒下のつららから雫が・・・今まさに、

Dsc_1214trim
すこしゆがんで落ちていきます。

Dsc_1222trim

2016年1月25日 (月)

雪降りました

雪降りました。

P109040910

雪かきばかり。

P109041010
いつかは降るだろうとは思っていたけれど、
いきなりだもんね。

一気に冬らしい冬に突入。

2016年1月24日 (日)

深雪の山

 雪が深く、車で駐車場まで登れません。

 普段車で上がってしまう道を歩いて登ります。

 それもまた新鮮な景色です。

Dsc_116710

Dsc_117110

Dsc_117410

Dsc_117610

登山口に着きました。

Dsc_11868

Dsc_11858

足跡は一人分かな。

今日はここまでで戻ります。

Dsc_118810

Dsc_119010

2016年1月22日 (金)

スタック! でも私じゃありません

月、火、水、と雪が続き、
街でも20センチは積もりました。

山はもっとだろうな、と思いながら、
降っている間は自重。

今日(21日)になって晴れたので出かけてみました。

Dsc_115910
軽が一台、溝にはまっています。

Dsc_116310
ここまで来たけど、登っていかなかったのね。 お腹がこすった跡と、車の前面が雪にはばまれている様子が歴然。

前に続いているのは轍ではなく、人の足跡。

で、バックしたけど、方向が悪くて溝に落ちた、というところか・・・

Dsc_120110
これは私の車ですが、後ろにもう一台います。

前輪がすっかり見えていますが、これは雪を掘って、スペースを開けたため。
後輪が埋もれているのが元の雪の深さ。
これではスタックするのも当然です。

実は後ろにいる車は、溝に落ちた軽を助けに来た方の車で、
私が来たとき、おじさんがひとりで雪かきの最中。 
助けに来て、ご自分もスタックしてしまいました。

軽を上げるのはひとりでは無理で、応援要請中。

私も手伝って、このスペースを開けました。

おじさんは私がスコップを持っているのにびっくり。
なおかつ、「運転うまいねえ」 と感心していましたが、
そりゃあ、スコップも用意していれば運転も上手くなります。
どれほどえらい目に遭って、何回懲りたか!

全ては経験が成せる業です。

私は歩いて登山口まで行ってきました。

帰り道、おじさんが頼んだ助っ人が乗った車とすれ違いました。
男性3人が乗っていました。
きっと軽も上がるでしょう。

2016年1月21日 (木)

街にも雪が

とうとう街にも雪がやってきました。

Dsc_110110
暖かい日が続いて、開きかけてしまった庭の梅にも雪が・・・

開花はもうしばらくお預けですね。

2016年1月20日 (水)

霜はまるで粉砂糖

 霜が降りた朝、草も白い。

Dsc_088410
粉砂糖をまぶしたよう。

Dsc_088510
朝日があたってきた・・・もうすぐ露になってしまう・・・

2016年1月19日 (火)

樹氷の梢

青い空に樹氷の梢。

Dsc_099610

2016年1月18日 (月)

ナンブアザミに海老のしっぽ

 たぶんナンブアザミ。
Dsc_093210

樹氷に縁取られています。 

小さいけど、海老のしっぽです。

2016年1月17日 (日)

峠のベンチに小雪舞う

峠は風が渡っていました。

ときおり、風は小雪を運んできます。

Dsc_107510

日ざしと風花。

ベンチに舞う。

Dsc_108610

2016年1月16日 (土)

会うときは続く ~カモシカ~

 ぱったり出会わないかと思うと、

 会うときは続くもの。

Dsc_10578
斜面に発見。

Dsc_10588誰か見てる?

Dsc_10598
気のせいか・・・さて、登ろう。

 

Dsc_1060p300_2

Dsc_1061p300_2

                 よいしょ。・・・あれ? 見られてる・・・

Dsc_106210
後ろのほうにも誰かいるのかなあ・・・

Dsc_10648_2
とりあえず道に上がってと・・・

Dsc_106510
向こう側に行って、・・・

Dsc_106710
ふんふん・・・山アジサイか・・・

Dsc_106910
まだ見てるの?

Dsc_107210
またね。

2016年1月15日 (金)

上田城跡

大河ドラマ『真田丸』がいよいよ始まりました。

幸村が主人公である以上、上田が舞台となる期間はそんなに長くなるはずはないと思うのですが、

地元はわくわくしています。

Dsc_109510
太郎山山頂から見る上田城跡。

こうしてみると小さな城です。

真田昌幸が築城した当時もこんな風に見えたのでしょうか。

当時の千曲川は、お城の直下を流れていたそうです。

2016年1月14日 (木)

これは何?

Dsc_088910
これはなんでしょう?

答えは、胡蝶蘭の花びら。

窓からさしこむ光できらきら光っていました。

ラメをまぶしたようです。

2016年1月13日 (水)

烏帽子岳夕景

上田市の東にそびえる烏帽子岳。

東に位置しているので、夕方きれいな夕映えの姿を見ることが多々あるのですが、
写真に撮るチャンスはなし。

たまたまコンデジを持っていたので、スーパーの駐車場から撮った一枚です。

P1090187trim

2016年1月12日 (火)

浅間山冬景色

冬の浅間山を見にでかけました。

軽井沢六里ヶ原です。

Dsc_118510
雪少ない!

半世紀も前のころは、草もなく、さながら月か火星か、と想像してしまうほど、荒涼とした風景でしたが、

草木も生え、地球らしい景色になりました。

2016年1月11日 (月)

今年になって一番きれいな富士山

とてもきれいに晴れました。

Dsc_104310
今年は良い天気の日が続きましたが、 午後になるとどうして遠くは霞んでしまいます。

そんななかでも昨日は午後まできれいに晴れが続きました。

Dsc_104210
今年に入って富士山も一番はっきりときれいでした。

Dsc_104410

八ヶ岳の右横に目そ移すと、 南アルプスも久しぶりにくっきり見えます。

Dsc_104610 
「おーい」 と呼ばれているような・・・ 手を振りたくなってしまいます。

Dsc_104610_2

2016年1月10日 (日)

あら、ひとり?

谷筋にカモシカ発見。

Dsc_103510

あら? この間の親子連れの、子カモシカのように見えるけど・・・

Dsc_103710
今日はひとり? おかあさんは?

Dsc_104110
親離れかなあ? 気をつけてお帰り。

2016年1月 9日 (土)

草原の雪、すぐに露

真っ白な樹氷に覆われた峠の横から近道をして山頂へ。

傾斜がきつい道を登り詰めると、

草原の山頂に出ます。

Dsc_102910
本当は狭い山頂が、広い草原のように見える角度。

日差しがあったらしく、雪はすでに融けて、露となって枯れ草に連なっているように見えました。

Dsc_103010
よく見ると、露は雪の名残を水滴に溶かし込んでいて、

クリスタルガラスのようでした。

こんなアクセサリーがあったらきれいだろうな・・・

2016年1月 8日 (金)

樹氷

とうとう冬がやってきた、というような、
風が冷たい一日でした。

出かけた山の峠は、吹きつける風と雪で樹氷ができていました。

Dsc_100010
まるで、白いトンネルです。

Dsc_102410

Dsc_102710
木の枝には海老の尻尾がたくさん。

風が吹くと、海老の尻尾が地面に降ります。

Dsc_101910

冬の峠の風物詩です。

2016年1月 7日 (木)

鳥は難しい

 いつも思うこと。

 鳥撮りは難しい。

 300ミリのレンズでは小鳥を撮るのは無謀に近いかも。

 相手はすばやいし、動き回るし、ピントを合わせている間に飛んでしまうし・・・

 

 ぶつぶつ言いながら、カメラを向けてしまうのですが・・・

Dsc_099110

撮った後も難しい。

あなたはだあれ?

Dsc_0991trim

茶色なのは分かったので、ミソサザイかと思ったけれど、
ミソサザイにしては大きいし、

ツグミかな?とも思ってみたが、
ツグミにしては小さいし、

コマドリ

もしかしたら、そうかも。 

2016年1月 6日 (水)

お母さんと一緒 ~カモシカ~

 たぶん先日遠くから見た親子と思うのですが、再び、別の斜面で、しかもかなり近くで発見。

Dsc_095410
少し近づいてみました。

お母さんの目がじっと私を見つめています。 さすがに親の目。 これ以上近づいたら逃げるかな?

Dsc_095710

子供が離れていて、一緒にカメラに収まらなかったのですが、母親の隣に来ました。

Dsc_095910

かわいいです。

Dsc_097510

寄り添ったり、離れたり、

Dsc_098010

Dsc_098110

なにやら木の枝を食べながら、斜面を登って行ってしまいました。

Dsc_098510

Dsc_098610

2016年1月 5日 (火)

本当にお正月?

 昼の気温が15度もあるなんて、信じられないお正月です。

 山では5度くらい低いはずだから、

 10度はあることになります。

Dsc_095110
これが1月4日の登山道とはねえ!

2016年1月 4日 (月)

初めての足跡

雪の少ない今年の太郎山。
頂上の北側にだけ、少しあります。

まっさらな雪の道に、初めての足跡をつけていきます。

Dsc_094610

滅多にない瞬間です。
誰かが絶対歩いている、と思ったのですが・・・

まるで私を待っていたかのよう。

Dsc_094510

おや、途中からウサギの足跡が登場。
ウサギの道案内かな。

Dsc_094710
いつのまにかウサギの足跡もなくなり、
ふと見上げると、真っ白な霧氷の梢がきれいでした。

Dsc_093310

2016年1月 3日 (日)

元日の太郎山

パソコンは元に戻りました。

アナログの単純な機械と違って、
いまどきの電子機器はどこでどうなるのか、分からないですねえ・・・

1月1日、太郎山に登りました。
午後、山も静かになったころです。

Dsc_093110
東峠からは白馬三山が雲の間に。

Dsc_093310
峠には前夜の雪が2センチほど。 霧氷も残っています。

Dsc_094110
南斜面はもうすっかり雪も融けて、上田の街が一望できます。

良く晴れた元日です。
気持ちもすっきりしました。

良い年になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。

2016年1月 2日 (土)

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。

 パソコンが不調でインターネットに接続できず、
 スマホからアップしています。

 新年早々、なんということでしょう!

 より魅力的なブログを目指して気持ちも新たに、
 とパソコンを開けたとたんの出来事で、
 出鼻をくじかれてしまいましたが、
 なんとか立て直したいと思います。

 パソコンが良くなり次第、今年のブログを始めたいと思います。

 今年もどうぞ、お付き合いくださいませ。
 よろしくお願いいたします。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »