« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月26日 (金)

陽射し

 2、3日山へ行かないと、雪解けが進んでびっくりします。

Dsc_003510
斜めに差し込んで雪の表面をなでる陽射しも、ほんの短い間しか見られませんでした。

2016年2月24日 (水)

一人だけの山

駐車場に車もなく、
山道で行き会う人もいない、
めずらしく、たった一人の山でした。

Dsc_007510
鳥の声がするほかは、
ときおり立ち止まって耳を澄ましても、なんの気配も無し。

峠の丸太ベンチでしばし風の音を聞きましょう。

Dsc_007610
風が渡る。

Dsc_007710
梢を揺らす音がする。

Dsc_007810

アルプスも今日は見えない。

なにを考えるでもなく、ただ無になる時間を過ごす。

たまにはこんな日もあっていい。

2016年2月23日 (火)

山腹の道

 雪が、山腹にある道を浮き立たせています。

Dsc_003110
一度行ったことがあります。

ただ、どこかの分かれ道で選択を誤り、

あの、見えるところまで行き着けませんでした。

削っただけのすごい道で、再度行く勇気はありません。

2016年2月21日 (日)

マリリンモンローの微笑み?

2、3歩行き過ぎて、

「あれ?」 と気が付き、戻りました。

雪道に・・・

Dsc_006010
見れば見るほど、思わず 「うふふ」

ね?

2016年2月20日 (土)

北アルプス未だ雪景色

晴れ。

青空にアルプスの白映える

Dsc_005310白馬三山。

Dsc_005410五竜。

Dsc_005510鹿島槍。

2016年2月19日 (金)

陽だまりにひょっこり

 視線て感じるものです。 ふっと目を上げると、いました。

Dsc_004110
独り立ちしたこどものようです。

Dsc_004310
なかなか凛々しい顔立ちですが、メスかオスか、外見だけでは分かりません。

Dsc_004710
道に上がってきて、

Dsc_004810
マーキングかな?

このあと斜面を駆け下りて行ってしまいました。

完璧に人に慣れたとは、まだいえません。

 

2016年2月18日 (木)

ガオー!

 暖かな日が2日続いたら、見事に雪どけになってしまいましたが、

 日陰の沢を覗くと、水滴が草についてつららになっているのが見えました。

 ズームで一枚。

 恐竜か、アンコウか、

 大きな口に見えるような・・・

Dsc_002110

 

2016年2月17日 (水)

雪解け

普段は何もない斜面に水の流れ出現。

Dsc_002010_3
2日間で雪が一気に解けましたからねえ・・・

流れ込む川の水も多めです。

Dsc_002410

2016年2月16日 (火)

 山道を歩きながらふと見上げると。

 梢の上の空に半月が浮かんでいました。

 持っていったレンズが60ミリのマクロ一本。

 梢と月と、一緒に入る位置まで移動して一枚。

Dsc_001610

2016年2月14日 (日)

草むら

 どうということのない、

 単なる草むら。

 近頃見なくなりました。

Dsc_129210

2016年2月13日 (土)

太郎山遠望

久しぶりに染屋台から太郎山を見ました。

Dsc_128510_2
なかなか立派です。

2016年2月12日 (金)

誰の足跡?

向こうから来たのか、向こうに行ったのか・・・

Dsc_001910
誰かな?

2016年2月11日 (木)

自然の造形

枝に積もった雪が解け始めて形を変えています。

Dsc_001410
影が青くて、

不思議なコントラストになりました。

2016年2月10日 (水)

雪の上

雪の上に落し物。

Dsc_001210
だれのブローチ?

Dsc_001310
だれの耳飾り?

2016年2月 9日 (火)

格闘の跡

 およそ一週間ぶりの山です。

 下のお宮に車を置いて、登山口まで歩きます。

 一週間が経ちましたが、思ったほど雪は解けていません。

 おやおや、苦労した人がいるようです。

 まずはS字のカーブで・・・

Dsc_000210
わかりにくいですが、途中でタイヤが左に向いてストップしています。

たぶん軽くらいですね。 登っていかず、バックした模様。

S字カーブを抜けて、 少し行くと・・・

Dsc_000310
こりゃまた派手にタイヤが空回りしています。

おまけに車は真横を向いたようです。 

地面にまで到達するほどアクセルを踏み込んで脱出を図ったとみえて、タイヤの回転方向に土が飛び散っています。

さらに、その先・・・

Dsc_000510
ここでも一台スタックした形跡が残っています。

3ヶ所とも、別の車が別のときに残した痕跡だと思いますが、同じ車ということも無きにしも非ず。

なんてったって、このわたくし、どの場面も経験していますから、
そりゃよーく事態がわかります。

どれほどたいへんな目に遭い、苦労したことか!

なんども懲りて、でも性懲りもなく、繰り返し、今に至る。

結果、悟りまして、車は下に置いて歩いているしだい。

上まで登って行った車の跡もありますが、おそらくトラックのような車です。

それにしても、みなさん、果敢に登っていらっしゃるんですね。

経験者として気持ちがわかるだけに、微笑ましくもあります。

頑張りましょう!

2016年2月 7日 (日)

白く輝く

雨氷と樹氷の峠は

まるで別世界。

Csc_126210
しばし時を忘れていました。

Dsc_125110
きれいでした。

Csc_126010

2016年2月 6日 (土)

雨氷の山

雨氷が太郎山にも降りました。

Dsc_123810

Dsc_124010
写真の木はどちらもコブシ。

今にも折れそうなほど、しなっていました。

2016年2月 4日 (木)

まだ小さい

 だれもいない山です。

 こんな日はカモシカがいないかな?

 と、道の脇にいたので、びっくり。

Dsc_121410
あら、写真に写るといっぱしの顔ね。

でも。まだおちびさんでした。

Dsc_121510
3メートル。 お近づきでした。

Dsc_121910
以後よろしくね。

2016年2月 3日 (水)

10日ぶり

 10日ぶりに太郎山にでかけました。

Dsc_120310
思った以上に雪は解けていなくて、お宮までやっと轍が出た程度。

ここから歩きです。

Dsc_121010
登山口の不動滝もようやく凍りましたが、いつもより規模は小さめですね。

Dsc_121310
空がきれいでした。

Dsc_123210
松が一本倒れていました。

Dsc_122410
先日の雨は、太郎山でも雨氷になったようです。 松の葉に名残がありました。

重さに耐えられなかったのでしょう。

2016年2月 2日 (火)

あなたはだあれ?

鳥はまだ良くわかりません。

覚えた鳥もいるのですが・・・

Dsc_0844trim
これはゴジュウカラ。 かなりトリミングしたので画面が荒れています。

Dsc_0991trim
さあて、こちらは・・・?
コマドリのように見えるのですが、時期が違うような・・・

Dsc_1049trim
ルリビタキの♀のような・・・

結論のない今回です。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »