« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

愚痴その2 あら、もう満開 ~ズミ~

 ズミ がきれいなのは、ピンク色のつぼみがちょうど開く頃。

 林檎の仲間なので、花も似ています。

 が・・・

 

Dsc_3720600
気がついたらもう満開。

長いことサボって山に行かなかったわけではないのですよ。

Dsc_3748600
咲き残っているのは、梢の、直射日光があたらない裏側。

背伸びして、腕を目一杯伸ばして、かろうじてファインダーの中心のピント位置を見えるところでシャッターをきりました。

葉漏れ日があたる瞬間がきれいだったので。

2016年5月30日 (月)

花は終わっちゃったけど ~ウリカエデ~

 今年はどの花も咲くのが早い!

 と、愚痴ってばかりです。

 ウリカエデも花を見ることなく、気がついたら実になっていました。

Dsc_3794trim

若い鞘にちょうど日の光が当たって、よく見えていました。

花ではないけれど、今年の一枚、ということで。

2016年5月29日 (日)

意外と良い写真が撮れません ~コバノガマズミ~

 白くて丸くて、きれいな集合花ですが、

 今まで、なぜか気に入った風に撮れないのが コバノガマズミ なんです。

Dsc_395610

今年のこの一枚は良いほうかなあ・・・

いや、良く見ると、ややピントが甘い?

うまくいきません・・・

2016年5月28日 (土)

これはバラ科ね ~カマツカ~

 昔の人は、山の木々や草花は何かの役に立つか、食べられるか、ということに大きな関心をまず寄せていたのだろう、と察しがつきます。

 花がきれいかどうかは二の次だったのでしょう。

 

Dsc_3916600
見るからにバラ科と分かるこの花は カマツカ の花。

木質は堅く、 鎌 の 柄 にするのに適していたのでしょう。

Dsc_3922600
もうちょっと可愛い名前をつけてあげたい気もしますが、

考えてみれば、山の木々が似たような名前ばかりになってしまうかもしれませんね。

用途重視で、はっきり見分けがつくのも、一理あるかと、写真を撮りながら思った次第。

 

2016年5月27日 (金)

光の中に咲く ~ガマズミ~

 見上げた先にあって、私の300ミリでは遠すぎる花が時々あります。

 このガマズミもそう。

Dsc_3342600

 でも光の中に花があって、コントラストがきれいだったので、カメラに収めました。

Dsc_3345600

 それから数日。

 同じ場所で、また足を止めました。

Dsc_3855600

 ガマズミの花が開いていました。

Dsc_3868600

 陰影がきれいでした。

Dsc_3871600

2016年5月26日 (木)

フデリンドウ

Dsc_3374600

 菅平あたりに行くと、珍しくもなく見られる フデリンドウ ですが、

 太郎山では珍しい花です。

 

Dsc_3362600
小さいし(高さ5~6センチ)、かわいいので、持っていかれてしまいます。

この花も道のすぐ脇。

見つからないように、ちょっとカモフラージュ。

今のところ、大丈夫。

2016年5月25日 (水)

緑の中に ~カモシカ~

 緑の中にすっと立っていました。

Dsc_4027600

Dsc_4031600
視線を感じるのはこんなときです。

Dsc_4032600
こっちに来ないな、と知ると、ゆうゆうと食事。

Dsc_4035600
でも、気にはなるのね。

Dsc_4037600

2016年5月23日 (月)

ニョイスミレ (ツボスミレ)

一応スミレで、春に咲き始める花ですが、

長いです。

Dsc_317010
夏近くまで咲いています。

地味で、あまりに普通なので、ついつい通り過ぎるだけになってしまいますが、

一面に群生していたので足を止めました。

Dsc_3173600
そうよね、目を留めてあげなくちゃね。

2016年5月22日 (日)

新緑輝く ~ホオノキ~

 ホオノキの若葉が輝きます。

Dsc_3700600
午後のこの時間だけに出会える、お気に入りです。

秋は黄金色の葉に変身します。

2016年5月21日 (土)

最後のサクラ

 ミヤマザクラは、サクラの中で最後に咲きます。

Dsc_3704600
長い葉柄の先に咲く清楚な花で好きなのですが、

行ったときにはすでにほとんど咲き終わり。 梢の先に見えるだけ。

背伸びして、かろうじて名残の花を見つけました。

Dsc_3711600

2016年5月20日 (金)

最後のスミレ

 シロバナイブキスミレは、太郎山で最後に咲くスミレです。

Dsc_3974600
もはや春は行き、初夏というべきこの時期に咲きます。

Dsc_3978600
雨が降ったので、濡れていました。

Dsc_3975600

2016年5月19日 (木)

雨上がりの光と雫

 ウワミズザクラの咲き終わった花穂に雫が宿り、雨上がりの光の中できらめいていました。

Dsc_3936600

2016年5月18日 (水)

哀れクリンソウ

 毎年盗掘されてしまうクリンソウ。 今年も一株なくなってしまい、この一株だけでしたが・・・

Dsc_3200600
哀れクリンソウ・・・

まだ花も咲ききらないのに、

この翌日手折られてしまいました。

2016年5月17日 (火)

アケボノスミレ

 アケボノスミレはその名の通り春、の「あけぼの」を思わせる紫がかったピンク色のスミレです。

Dsc_2647600
葉が開くより先に、地面から直接茎が出て花が咲くので、容易に見分けることができます。

好きなスミレのひとつですが、

例によって、今年は季節の歩みが速く、

良い写真が撮れないまま、あっという間に咲いてしまいました。

Dsc_2884600_2

2016年5月16日 (月)

雨上がり ~ミツバウツギ~

 ミツバウツギはまだつぼみです。

 

Dsc_305710
久しぶりの雨。

花開くための慈雨になるでしょうか。

2016年5月15日 (日)

ウスバサイシン

 傘の下で、そっと咲いているのは ウスバサイシン。

 

Dsc_293510
チョコレート色の花を、寝そべるようにして写します。

Dsc_293810
目立たないことを由としているような花ですが、

毎年楽しみにしている花でもあります。

ヒメギフチョウの食草としても知られています。

葉っぱを裏の見てみると、小さな小さな、緑の真珠のような卵がついていることがあります。

この葉にはありませんでした。

2016年5月14日 (土)

ヒゲネワチガイソウ 再び

 ヒゲネワチガイソウ に再登場願います。

 今度は立ち姿で。

Dsc_287410
黒いおしべはもうなくなっています。

背が伸びて、

仲良し二人組みが踊りのお稽古しているような。

2016年5月13日 (金)

シロバナエンレイソウ

 もう初夏の花といっていいのでしょう。

 咲き始めが早くて、こちらがあわててしまいます。

Dsc_284610
シロバナエンレイソウが咲きました。

Dsc_285910
もう咲いちゃったの?

という私のあわてぶりがちらっと出ているような写真ですね。

2016年5月12日 (木)

ヒトリシズカ

 ヒトリシズカ という名とはうらはらに、

 たくさんの仲間とともに咲きます。

Dsc_239710
にぎやかに・・・

かつ楚々として・・・

相反するがごとき性格が、立ち姿に矛盾無く備わっている・・・

Dsc_286910
そんな花に見えます。

 

2016年5月11日 (水)

春風の道

 カスミザクラの梢を見上げます。

Dsc_237710_2
淡い桜色の梢が道をつくっています。

春の風が通る道です。

2016年5月10日 (火)

めずらしくクリンユキフデ

 めずらしいというわけでもないのですが、

 私がなかなかお目にかかれない花なのです。

Dsc_2798600
クリンユキフデ。

Dsc_2794600
このあたりで見た、というあたりになくて、

こんなところに、というあたりで見つけました。

来年もうまく見つかると良いけれど・・・

2016年5月 9日 (月)

飛んだね、カモシカ

ガサゴソ・・・ 

Dsc_2531600

あ!

Dsc_2534600

モソモソ・・・

Dsc_2535600
あら、まだいる・・・

Dsc_2536600

しかたない・・・

Dsc_2537600

よいしょっと・・・

Dsc_2538600

走ろうっと・・・

Dsc_2539600

そーれ、ぴょん!

Dsc_2540600

そして、行ってしまいました・・・

2016年5月 8日 (日)

桜越しの街

 山の桜の向こうに、街を眺めます。

Dsc_279010
少し霞んで、春の色です。

2016年5月 7日 (土)

陽射しに揺れるカスミザクラ

 山の桜はみんなヤマザクラかと思っていましたが、

 ヤマザクラとカスミザクラは違うと知りました。

 違いは細かい毛があるかどうかで、遠目には区別はつきません。

 ただ、太郎山にはカスミザクラが多いと聞きました。

Dsc_237210
里の桜より3週間ほども遅れて、山は桜の季節です。

Dsc_2755600
光を浴びて、輝くばかり。

Dsc_2788600

Dsc_2774trim

2016年5月 6日 (金)

コブシ彩る

 今年、コブシがとてもよく咲いています。

Dsc_2544600

Dsc_236910
春から初夏にかけて、なくてはならない花です。

2016年5月 5日 (木)

やっぱりこれだね!その3 ~コゴミ~

 だれにも見つからないように、さっと行って、さっと採ってくるコゴミです。

Dsc_2812600
入ってはいけない場所というわけではありません。

Dsc_2571600

見つかってしまったら、いつか取り尽くされてしまうから。

一年に一度、

一株について1、2本いただきます。

2016年5月 4日 (水)

山頂のカスミザクラ咲く

 今年も山頂のカスミザクラが咲きました。

Dsc_2805600
青空を背景にしたかったのですが、

3日通っても雲がとれない空でした。

2016年5月 3日 (火)

ハコベ

 里にあっても見向きもしないハコベですが、(右の紫色は ムラサキケマン)

Dsc_2827600
山道で見つけると、カメラを向けようという気になるものです。

Dsc_2830600

2016年5月 2日 (月)

モミジイチゴの白い花

 早くもモミジイチゴが白い花をつけました。

Dsc_235210
下向きにつく花なので、見上げる角度が多くなります。

Dsc_2452600
それもきれいですが、普通にも撮ってみたい・・・

Dsc_2670600
おお、斜面一面に!

Dsc_2834600
ジャムができるくらい収穫できそう1

2016年5月 1日 (日)

ヤマエンゴサク

 少し日陰の湿った林内に咲く青紫色の花。

Dsc_2441600
ヤマエンゴサク。

青紫の色はプルキニエ現象によって、透明感を帯びて日陰に輝きます。

姿もきれいな一輪でした。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »