« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

輝く黄色 ~ダンコウバイ~

 ほんとうはハウチワカエデかと思ったのです。

Dsc_8357600
早とちりでした。

良く見るとダンコウバイ。

輝く黄色は鮮やかです。

Dsc_8345600

2016年10月30日 (日)

サクラ紅葉

いつになく散り急ぐ山のサクラ、散り残る葉もあり。

Dsc_8358600
きらきらと日に輝く。

Dsc_8360600

2016年10月29日 (土)

赤い実

 今年は赤い実が少ないのです。

 ガマズミも、オトコヨウゾメも、カマツカも、あまり実がついていないのです。

 どうしてかなあ?

Dsc_8353600
やっと見つけたオトコヨウゾメの実。 貴重な赤です。

 

2016年10月28日 (金)

並んでる!

 そろそろ出てるかな?

Dsc_8346600
出てた出てた!

見つけるとうれしい。 食べると美味しい。

クリタケです。

2016年10月27日 (木)

富士山遠望

 久しぶりの快晴。

Dsc_836810
本日(2016年10月26日)、富士山は初冠雪したとニュースになっています。

Dsc_8363trim600
霞んでいますがうっすらと見えました。

2016年10月26日 (水)

赤の前に黄色の葉

 今年の紅葉は赤がきれいに出ないと言われています。

 今のところ、黄色は優勢です。

Dsc_8315600

Dsc_8318600

2016年10月25日 (火)

葉っぱコレクション 

 葉っぱを探してきました。

 秋色の葉っぱです。

Dsc_8302600
気を良くしてもうひとつ探してきました。

Dsc_8297600

2016年10月24日 (月)

秋を探す

花もなくなったし・・・

きのこも終わったし・・・

紅葉には早いし・・・

さて・・・

Dsc_8294600
色づき始めた木の葉を見つけると嬉しくなる山道です。

2016年10月23日 (日)

秋を探して ~イワガラミ~

 用が続いてしばらく山に行けませんでしたが、

 その間に道端の花はすっかり終わってしまいました。

 被写体選びに苦労する時期です。

 紅葉するイワガラミを見つけました。

Dsc_8281600
久々にみる赤。

緑の中でアクセントになっています。

Dsc_8278600

2016年10月22日 (土)

梢の秋

 見上げると梢の先から秋の色に変わっています。

Dsc_8284600_2

 今年の紅葉は遅れ気味だとか。

 このまま綺麗に染まっていくでしょうか。

Dsc_8287600

2016年10月17日 (月)

まなざし

葉が落ち始めて、少し見通しがよくなりました。

カモシカとの遭遇が増えてくるのも今頃からです。

Dsc_8273600

2016年10月16日 (日)

ノコンギク

秋の花といえばやはり

Dsc_8247600
ノコンギク。

 

Dsc_8262600

2016年10月15日 (土)

ほら、そこに

斜面の先の朽木の向こうにほら・・・

Dsc_8223600
ほら・・・

Dsc_8225600
いたでしょう?

ハナイグチ。

2016年10月14日 (金)

モリアザミ咲く

アザミの中で、モリアザミはわかりやすいアザミです。

Dsc_8208600
花と葉に特徴があります。

Dsc_8164600

「やまごぼう」と言われているのは、実はこのモリアザミの根だそうです。

2016年10月13日 (木)

実りの台地

河岸段丘の田んぼが色づいてきました。

Dsc_8237600
田んぼもずいぶん狭くなりました。

逆にいえば、ずいぶん家が増えました。

2016年10月12日 (水)

らっきょう? でもにおいません ~ヤマラッキョウ~

 ラッキョウに似ているヤマラッキョウ。

Dsc_8161600
でもにおいません。

打ち上げ花火のようです。

Dsc_8163600

こちらはスターマインでしょうか。

Dsc_8222600

2016年10月11日 (火)

ツリバナ

 ツリバナが赤い実をつけて「吊られて」います。

Dsc_8125600
しずくのように、今にも落ちそう・・・

Dsc_8140600

2016年10月10日 (月)

白いブラシ ~サラシナショウマ~

 山道を歩いていると目だってきたのが白いブラシ。

 長いのや、短いのや、いろいろ。

Dsc_8078600
 長いほどかっこよい!

Dsc_8147600
ズームしてみると、ますますブラシ!

 

2016年10月 9日 (日)

シラネセンキュウ

 いつ、誰に教えてもらったのか・・・

Dsc_8074600
 「シラネセンキュウ」 という名前をよく覚えていたものだと、我ながら。

 

 

2016年10月 8日 (土)

光射す

曇りや雨の日が続いたあと、

久しぶりに見る光で、太陽がずいぶん南に移ったと気付かされます。

Dsc_8073600

夏にはこの角度で日が射すことはなかったもの。

2016年10月 7日 (金)

握る、開く・・・さて

 ちょっと見、怪しいきのこですが・・・

Dsc_8069600
傘をぎゅっと握ってみるとわかります。

ぎゅっと握って、ぱっと開く・・・

傘が壊れずすぐに復元すれば合格!

食べられるカラカサタケ、別名 ニギリタケ です。

2016年10月 6日 (木)

小さな秋

 苔むした古い倒木に、小さなきのこ。

Dsc_8030600
秋はこんな片隅から。

2016年10月 5日 (水)

アサマヒゴタイ

 どういう加減か、昨年は花を見ることがなかったアサマヒゴタイが、今年は咲いてくれました。

Dsc_8002600
この仲間は変化が多いといいます。

群馬や長野に多く分布するらしく、「浅間」の名前をもらっています。

Dsc_7992600

2016年10月 4日 (火)

光射す ~ヒキオコシ~

 倒れて死にそうな人をも引き起こすほど苦いといわれるヒキオコシ。

 背丈が高くて、

 しかも足場の悪い場所にあったので、

 逆光の写真になりました。

Dsc_7969600
救世主のように見える?

2016年10月 3日 (月)

どうしてこの名前 

 どうしてこんな名前なの?

 山野草の名前に驚くことがある。

 その最たるものがママコノシリヌグイr。

 とげだらけのその茎で継子の尻をぬぐってやろうというのだから、ひどい。

Dsc_7958600
かわいい花を咲かせるのに、 ママコノシリヌグイの名前をもらったほうも

気の毒だ。

2016年10月 2日 (日)

ほんとはもうちょっと夏に ~クサボタン~

 クサボタンは夏の花、というイメージを持って眺めていましたが。

 今年はなかなかお目にかかれませんでした。

 長雨でつぼみも落ちてしまったし・・・

 そんな中、9月に入って山の上のほうでようやく咲き始めました。

 すっかり秋の花です。

Dsc_7871600
起毛した花びらが柔らかそうな、

ビロード細工のような花です。

2016年10月 1日 (土)

きれいな野菊は薄紫

 菊は見分けるのがむずかしい。

 野菊、とくくってしまうのもいささか気がひけるけれど、

 「のぎく」 という響きはいかにも秋を風情を漂わす。

Dsc_7851600

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »