« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

小さな花 ~ヨツバムグラ~

 私が見つけられる、太郎山で一番ちいさな花はヨツバムグラだろうと思います。

Dsc_3544600
小さくて、私のレンズで手持ちではこれが限界。

Dsc_3544trim
トリミングでやっとです。

2017年7月30日 (日)

ヤマタツナミソウ

 毎年咲く場所に見当たらなくて、 以前違う花が咲いてたあたりにありました。

Dsc_3529600
ヤマタツナミソウです。

まてよ・・・

以前咲いていたのは違う花だと思うけど、

もしかしたら、ヤマタツナミソウだったのかも?

Dsc_3535600

2017年7月29日 (土)

シラカバ

シラカバの白い幹に日があたると、ほんとうにきれいです。

さわやかな初夏の風を感じます。

Dsc_3480600
でもこれ、高原ではなくて、

太郎山登山道の中腹にある、太くて、形の良い一本のシラカバ。

梢を見上げるのが好きです。

2017年7月28日 (金)

ホオノキ

 山道を歩いて行くとふわりと漂ってくる甘い香りがあります。

 ホオノキの花です。

 見上げると高いところに花が咲いていますが、

 うーん、高い、見えない。

Dsc_3491600
杉の梢の間から、これがやっと・・・

2017年7月26日 (水)

コゴメウツギ

 今年はいろいろな花が天候の影響を受けているようです。

 コゴメウツギも毎年沿道にたくさん咲くのですが、今年は目立たなくて・・・

Dsc_3500600
やっと何とか絵になった今年の一枚です。

2017年7月24日 (月)

ミヤマナルコユリ

ミヤマナルコユリの白い花に光がさして、いっそう白く輝きました。

Dsc_3422600
花びらの先がもう少しで開くところでしたが、

次に行ったときは日にちがあいてしまって、もう花は終わっていました。

花びらは4枚 ~バイカウツギ~

昨年はなぜかほとんど咲かなかったバイカウツギが、今年は花をつけました。

Dsc_3520600
「梅のような」花のウツギ・・・ですが、花びらは4枚です。

Dsc_3459600

2017年7月23日 (日)

小さなイチヤクソウ ~ジンヨウイチヤクソウ~

 木漏れ日のさす林床に群生しています。

 群生しているわりに目立たず、控えめです。

 小さなせいもあるのでしょう。

Dsc_3435600

ジンヨウイチヤクソウです。

ジンヨウは「腎葉」。 葉が腎臓のような形をしていることから。

小さくて目立たないとはいえ、一条の木漏れ日が花にあたると、主役のように輝きました。

Dsc_3415600

2017年7月22日 (土)

マイズルソウ

高山に咲くイメージのマイズルソウを最初に見つけたときはびっくりしました。

Dsc_3395600
太郎山の標高から推察するに、標高1000メートルくらいから咲く花なのでしょうね。

Dsc_3399600
「鶴が舞う」なのは、花ではなくて、葉のほうです。

わかっていても、目線は花に、つい。

2017年7月21日 (金)

レンゲツツジ

高原にたくさん咲いているレンゲツツジですが、太郎山の山頂にもいく株があります。

Dsc_3376600
一番目立つのは山頂に上がりきったところにあるひと株です。

ちょっとした高原のように見えます。

Dsc_3378600

2017年7月20日 (木)

アヤメ

水辺に咲くように思われているアヤメは乾燥地帯がフィールドです。

太郎山では山頂の、

一日中日あたりが良い草はらのなかに咲いています。

Dsc_3387600

2017年7月19日 (水)

オトコヨウゾメ

今年はあまり多く咲かなかったオトコヨウゾメです。

Dsc_3369600
おちょぼ口にちょっと紅をさしたような、

小さな花がかわいい。

2017年7月18日 (火)

フタリシズカ

 ヒトリシズカから遅れることひと月。

 フタリシズカが咲きました。

Dsc_3343600
ヒトリシズカと花の形状が違います。

ヒトリシズカより大柄で、葉も明るい緑色。

数もずっと少なく、

咲いている場所もここと、あそこと、あそこと・・・限られています。

2017年7月17日 (月)

ミツバウツギ

 今年はどの花も咲き方がいつもと違っています。、

 ミツバウツギも早く咲き始めたような・・・

 

Dsc_3339600
なのに、気がつくと満開。

でも、匂いも少ない・・・

写真も一度しか撮れませんでした。

2017年7月16日 (日)

星のような、花火のような ~クルマムグラ~

山の花はおしなべて小さいけれど、

中でも小さい花のひとつがクルマムグラ。

Dsc_3328600
星空の星のようにも、

線香花火の火花のようにも見えます。

Dsc_3331600
あんまり小さい花なので、

100ミリのマクロレンズが欲しくなります。

今ある60ミリでやっとの写真です。

2017年7月15日 (土)

ジンヨウイチヤクソウ

 林床にやわらかな木漏れ日がさすあたり、

 小さなイチヤクソウが背比べをしています。

Dsc_3435600
寝そべってちょうど目線。

Dsc_3325600
花はアップで。

Dsc_3145600

2017年7月14日 (金)

シャガ

 日陰に咲くシャガです。

Dsc_3135600
ちょうど木漏れ日がさす場所にあるので、浮き出て見えて、きれいだな、と思うのですが、、

写真に撮ると、どこかまとまらないのです。

Dsc_3138600
ふうむ・・・

むずかしい・・・

2017年7月13日 (木)

ホタルカズラ

鮮やかな瑠璃色の花です。

Dsc_3156600
青い色を蛍の光になぞらえてつけられた名前ですが、

蛍の光は黄色ですよね・・・

Dsc_3159600
日本人の色の感覚は面白くて、「蛍の光」といわれれば納得してしまうところがあります。

なんでも、青、赤、黒、白、の4つの色が古の日本人の認識なんだそうで、

緑も黄色の一部も青の仲間に含まれて、いわばまとめて「青」と呼んでいるのだとか。

緑でも「青」信号、と呼ぶ所以です。

というわけで、蛍の光のような青い花が咲くつる草、ホタルカズラです。

2017年7月12日 (水)

サワギク

あまりに普通で、あちこちにあるので気がつけば通り過ぎているような花です。

「はしり」のような、早い咲き始めのひと株だったので目についたのだと思います。

Dsc_3163600
サワギクです。

2017年7月11日 (火)

オオヤマフスマ

私がマクロ写真に目覚めたきっかけはこの花かもしれません。

Dsc_3172600
オオヤマフスマの小さな花です。

アップにしたら銀細工のような、細かな輝きがちりばめられていました。

ずいぶん前のことです。

以来、その一番きれいな状態をもう一度写したいと思っているのですが、

うまくいきません。

花の咲き加減と、日当たりの微妙な関係が必要ですが、うまくいかないものです。

Dsc_3172600trim
今年は、これがベストショットになりました。

うーん、いまいちですが・・・

2017年7月10日 (月)

ハナイカダ

毎年、たぶん同じ感想を言っています。

不思議な花ですよね、ハナイカダ

なにしろ葉っぱの真ん中に咲くのですから。

Dsc_3178600

2017年7月 9日 (日)

ウワバミソウ は ミズ

ウワバミソウとは、またおどろおどろしい名前です。

Dsc_3181600
うわばみでもいそうな、湿った日陰に咲くから、ということのようですが、

Dsc_3181600trim
ミズ と聞くと印象一変。

はい、独特のぬめりがおいしい、あの山菜のミズ、ですから。

2017年7月 8日 (土)

コバノガマズミ

 コバノガマズミの「コバ」は「小葉」。

Dsc_3183600
花はガマズミに似て、葉が小さいというわけです。

たしかに花も葉も小柄です。

Dsc_3269600_2
おしべも長くて、長いまつげのようです。

2017年7月 7日 (金)

キンポウゲ または ウマノアシガタ

 花びらの丸いところが馬のひずめのように見えるところがウマノアシガタと呼ばれる所以だとか。

Dsc_3208600
うーん・・・

そういわれてもよくわかりませんが・・・

キンポウゲと呼ばれることもありますが、八重咲きの花をとくにそう呼ぶようです。

金属のような光沢があります。

日ざしの中にあると、遠くからでもピカピカ光って見えます。

2017年7月 6日 (木)

旅立ち ~タンポポ~

タンポポの綿毛が旅立ちの時を迎えています。

Dsc_3232600
良い風を待つばかり。

Dsc_3358600
さあ、新天地へ。

2017年7月 5日 (水)

光は演出家 ~ガマズミ~

 光の中に咲いている花をみつけました。

Dsc_3277600
ガマズミのようです。

Dsc_3277600trim
トリミングして、ああ、やっぱり。

輪郭を浮かび上がらせる、光は演出家です。

2017年7月 4日 (火)

ツクバネウツギ

Dsc_3292600

ガクが羽根突きの羽根に似ているところからツクバネの名がつきました。

Dsc_3301600_2

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »