« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

シデシャジン

 季節の花はいろいろありますが、

 私が夏の花で、まず思いつくのが シデシャジン。

Dsc_4585600
紫の細い花びらと

先が白く、長いめしべ。

夏の日差しが似合うと、思います。

おや、訪問者も一緒に写っていますね。

2017年8月30日 (水)

オニルリソウ

 

Dsc_4579600
このなんとも面白い実はオニルリソウの実。

オニルリソウの「鬼」は、この棘らしきものがたくさんあるところからかしら?

Dsc_4748600

Dsc_4750600
花はほら、鬼とは似ても似つかぬかわいい花ですもの。

2017年8月29日 (火)

マタタビの実

 「ねこちゃん、お待たせ」

 毎年、同じ台詞が浮かびます。

 どのねこちゃんが、ということはないのだけれど。

Dsc_4151600
 マタタビの実が大きくなりました。

 新聞のコラムで知ったのですが、丸くなるのは、虫こぶで、虫がいるらしいのです。

 しかも、この虫こぶになったのは薬効が高く、人気があるのだとか。

Dsc_4151trim
トリミングです。

2017年8月28日 (月)

シロバナニガナ

 シロバナニガナは好きな花です。

 このあたりは群生していて、

 たくさん咲いている風情もまた良かったのですが・

 今年は花が少ない・・・

Dsc_4106600
 心なしかひ弱そうに見えるひと株です。

よくみると、白いはなびらの先端が黄色に縁取られ、

細工が細やかです。

Dsc_4113600

 

2017年8月27日 (日)

キバナノヤマオダマキ

 私が、キバナノヤマオダマキが咲く峠に登りつくのはいつもだいたい午後の2時ころ。

 太陽が頂点からやや南に下がって、

 日ざしが斜めに届くころです。

Dsc_4095600_2
花びらや、細かな毛のはえた茎に光が透けて、

淡いクリーム色が半透明のベールのように映るのですが、

この日は光の量が足りませんでした。

Dsc_4122600
まだ開き始めの若い花。

はにかんでいるようにも見えました。

2017年8月26日 (土)

ミツバ

 野生のミツバは味も香りも癖も強く、

 葉も固いので、若い芽でないと口の中でごわごわします。

 小さな白い花は筆先で白い絵の具を払ったように、点在して見えます。

 バラバラの星のようで、

 見た目の立体感を写真に撮るのが難しく、

 なかなか上手くいきません。

Dsc_4072600
私にしては良いほうです。

2017年8月25日 (金)

ウバユリ

 花の咲くころには葉(歯)がなくなるので名前がついたというウバユリ。

 花は緑がかった地味な白い色をしていますが、

 百合らしい香りは山道に漂います。

 その花の咲く前。

 つぼみは瑞々しく、姥の名を寄せ付けません。

Dsc_4031600

 

2017年8月24日 (木)

キハギ

「萩」の中では早くに咲くのではないかと思います。

Dsc_3860600
7月には咲きますものね。

Dsc_3990600
淡いクリーム色に紫の筋がなかなか粋です。

2017年8月23日 (水)

渡りをする蝶 アサギマダラ

アサギマダラは、たとえばオオムラサキのように、

ばさっ、ばさっと羽ばたいて飛びません。

たゆたうように、舞います。

頼りなげで、それでほんとうに海をも渡れるのかと心配になってしまうような飛び方です。

しかし、風に逆らわず、風に乗って、自分の力を温存しながら長い距離を移動するには、

最善の飛び方なのかもしれません。

飛んでいるアサギマダラを写真に収めようとすると、

容易そうに見えるのに、ファインダー内に捕らえきれません。

弱そうに飛びながら、ほんとうは強い羽なのだろうと思い直させられます。

Dsc_3957600
サクラの小枝に止まったのでやっと・・・でも、かなり遠いんです。

Dsc_3957800trim
ちょっとトリミングで。

きれいな蝶です。

2017年8月22日 (火)

ニガイチゴ

ニガイチゴの実がついていました。

Dsc_3912600
「イチゴ」と名がつく実は食べられます。

食べられるとわかっているものはたいてい試してみますが、

このニガイチゴはまだ・・・

その名の通り、苦味があるそうなので、躊躇してます。

2017年8月21日 (月)

オカトラノオ

虎の尾なんて、威勢の良い名前がついていますが・・・

Dsc_3887600
子猫のしっぽに近い感じ・・・

Dsc_4037600_2
ほら、ね・・・

2017年8月20日 (日)

マタタビの花

 葉裏にひっそりと咲く、白く、清楚な花はなに?

Dsc_3884600
世の猫たちがとろんと誘惑されてやまない・・・そう、マタタビです。

でも、花でも反応するのかなあ?

うちのねこに聞いてみたかったけど、 そんな頃はまだマタタビの花なんて見たことなかったものなあ・・・

2017年8月19日 (土)

ムラサキシキブ

 うす紫色の花びらから、すいっと飛び出す黄色のおしべと白いめしべ。

Dsc_3857600
ムラサキシキブは、名前から思い浮かべる才女のイメージとは離れ、

小さくかわいらしい花。

Dsc_3961600
紫色に熟す実の色も楽しみ。

2017年8月18日 (金)

マメ科には違いないけど

マメ科の花は苦手です。

名前が判別できなくて・・・

たぶんナンテンハギだと思うのですが・・・

違うかな・・・

Dsc_3839600

2017年8月17日 (木)

ホタルブクロ

ホタルブクロの好きな状態は、

まるで灯かりがともったような、逆光のとき。

今年は思うような花に会えませんでした。

Dsc_3828600
過ぎてみれば、これが今年のベストショットになりました。

上手くいかなかったなあ・・・

2017年8月16日 (水)

ニガナ

今年はどうも、いつものように咲かない花が多い気がします。

季節外れに寒かったり暑かったり、

ヒョウが降ったり、雨が多かったり、

調子も狂うよね・・・

Dsc_3812600
たくさん咲いて風にそよぐニガナの花も、今年はちょっと控えめです。

Dsc_3817600

2017年8月15日 (火)

ヤマアジサイ

夏の初めにヒョウにあって、葉っぱもずいぶん傷ついて、

花も遅れがちになりました。

Dsc_3791600
こちらはちょっと色の薄いヤマアジサイでした。

2017年8月14日 (月)

ミヤマタムラソウ

 ナツノタムラソウ、とか、ケナツノタムラソウ、とか、

 言われた時期もありましたが、今では ミヤマタムラソウ に落ち着きました。

Dsc_3778600
様々な表情を見せる花です。

Dsc_3846600

2017年8月13日 (日)

道端のイチヤクソウ

 踏まれてしまいそうな道端にイチヤクソウが咲きました。

Dsc_3762600
あぶない、あぶない。

踏まれるのも心配だけど、持っていかれるのも心配。

よくぞ無事に咲きました。

2017年8月12日 (土)

ミヤマママコナ

 ママコナ。

 ママコはご飯。

 

Dsc_3757600
花の中にあるふたつの白い点を白米に見立ててつけられた名です。

Dsc_3759600

ミヤマ、と付きますが、

山深くに咲くわけではなく、登山口から3つ目くらい角を曲がると、

道端に咲いています。

2017年8月11日 (金)

ヤマグワの実

 ヤマグワの実が黒くなってきました。

Dsc_3799600
背伸びをして枝を引き寄せます。

甘い実です。

Dsc_3798600
指先をワインのような色に染めながら、摘みます。

2017年8月 9日 (水)

ヤマハタザオ

 名前だけ聞くと、青空をバックにすっくと立っているようなイメージが浮かぶヤマハタザオですが、

 道端に、どちらかというと、ややひっそりと佇んでいます。

Dsc_3704600
すらりと背が高く、清楚な白い花です。

Dsc_3710600

2017年8月 8日 (火)

ミゾホオズキ

 水が滲んでいるような湿り気のある場所に群生するミゾホオズキです。

Dsc_3666600
中心に撒いたような赤い斑点がパラパラっと。

ホオズキの名は、ホオズキのようにふくらんでいる実の様子から。

Dsc_3679600_2

いつもたくさん咲くのですが、今年は数が少なめのように見えます。

2017年8月 7日 (月)

サワギク

 あまりに普通に、そこここに咲くので、いつしか気にもとめなくなってしまっているサワギクです。

Dsc_3662600
このときは木漏れ日の中に黄色が輝いていたので、

つい、足を止めました。

2017年8月 6日 (日)

昆虫みたい? ~クモキリソウ~

 野山の花の中にはどこか昆虫のように見える花があります。

 クモキリソウもそのひとつ。

Dsc_3623600
ほら、ね?

Dsc_3629600
虫に勘違いさせて、花粉を運んでもらおうという目論み?

Dsc_3651600
勘違いする虫もいそうです。

2017年8月 3日 (木)

ウツギ

ウツギは、里では最初に咲きますが、

山ではミツバウツギやバイカウツギのあと、忘れたころに白い花が咲きます。

Dsc_3574600
なんでかなあ?

Dsc_3583600
ふさふさと白くきれいな花です。

Dsc_3600600

2017年8月 2日 (水)

おいしいのよねえ ~モミジイチゴ~

「イチゴ」と名のつくもので食べられないものはないとか。

山野にはえるイチゴの中で一番おいしいとされているのがモミジイチゴ。

Dsc_3550600
棘に気をつけながら、枝を持ち上げると・・・

あるある!

もちろん、色が濃いほど熟していておいしいんです。

Dsc_3560600

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »