« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

平成最後にアップすることになった花 ~タチツボスミレ~

 ことさら選んだわけではなくて、

 写した順番にアップしていたら、偶然このスミレになりました。

Dsc_1720600

日当たりの良い場所はさながら絨毯のように咲きそろうタチツボスミレです。

今年もようやく裾のほうから咲き始め、絨毯、とはいきませんが、クッションくらいの広さに咲きそろっていました。

平成の最後にアップする花になりました。

2019年4月29日 (月)

これも春の妖精 ~キバナノアマナ~

 キバナノアマナも 春のはかないもの のひとつです。

Dsc_1713600

食べられるので、ときどきどうも、鹿がなにかに食べられてしまったのかと思われることがあります。

「現場」を押えていないのでなんともいえませんが、

消え方が不自然で・・・

多分そうだと。

2019年4月28日 (日)

いつも楽しそう ~ヒゲネワチガイソウ~

 いつも楽しそうに見えてしまうヒゲネワチガイソウ。

 初めて名前を覚えた山の花なので、印象深いのですが、

 いたるところに咲いて、珍しい花ではありません。

 でも、良く見ると一輪一輪が踊っているようです。

Dsc_1699600

この3輪はおとなしいほうですね。

2019年4月27日 (土)

花には見えないけれど ~カンスゲ~

 地味な草で、花とは無縁に思えていましたが、

 別の花を撮ろうとしてふと見ると、穂先がかわいらしく見えてしまいました。

Dsc_1697600

Dsc_1697600

2019年4月26日 (金)

春の妖精 現る ~アズマイチゲ~

 いつのまにか咲いて、いつのまにか跡形も無く消えてしまう・・・

 春の妖精、あるいは 春のはかないもの、と呼ばれる花が咲き始めました。

 先陣を切って、アズマイチゲ。

Dsc_1685600

 日が当たらないとはなびらを開かないのです。

 私の気早な一枚です。

Dsc_1691600

支えてあげたくなるような細い茎ですが、どうして強いんですよ。

こんなに傾げていても倒れることはありません。

2019年4月25日 (木)

山の春はこれから ~梅~

 里では梅の花も終わり、ソメイヨシノも葉桜になりかけていますが、

 山の春はこれからです。

Dsc_1676600
 山の梅がようやく咲き始めました。 長らくサクラだと思ってきたのですが、
 よーく見ると、梅でした。
 登山道の入り口に咲く梅です。
 春の入り口でもあります。

 

2019年4月14日 (日)

スミレは早い ~ヒナスミレ~

 小さなヒナスミレをみつけました。

Dsc_1501600

足元の春は少し気早です。

2019年4月13日 (土)

さきがけの黄色 ~ダンコウバイ~

 山でいち早く目につく黄色はダンコウバイです。

Dsc_1492600
暖冬傾向だったので、早く咲くのでは?と思っていましたが、
思っていたより早くはありませんでした。
むしろ、ようやく黄色が目につくようになってきたなあ、というのが感想です。

 

2019年4月11日 (木)

あら、ひと休み?

 あら? 林の斜面にすわりこんでいるのは?

Dsc_1486600

カモシカが座り込んでいるのはめずらしい。

たまのひと休みでしょうか?

こういうときには他のカモシカが近くにいることもあるので、あたりを見回してみましたが、

見つかりませんでした。

 

2019年4月 9日 (火)

一番に咲く ~ツノハシバミ~

冬の間からそっと準備はしていました。

Dsc_1394600

少しずつ伸びて下がって、日ざしを浴びます。

ツノハシバミの雄花です。

その先に、小さな赤い炎がひとつ。

Dsc_1406600

ツノハシバミの雌花です。

雌雄同株なんです。

春一番の赤い花です。

2019年4月 8日 (月)

山の春 ~フキノトウ~

 山にもようやく春の気配。

Dsc_1388600
フキノヨウの早緑は隠れようがありません。

2019年4月 5日 (金)

名残雪

 4月2日です。

Dsc_1387600

これが名残雪になってくれるでしょうか。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »