2020年3月18日 (水)

自然の造形

Dsc_3307600

「やあ、こんにちは」

と言い合っているような。

サイカチの実です。

2020年1月26日 (日)

サイカチ

梢を見上げると、サイカチの実が豊作です。

Dsc_3183600

風があれば実と実が当たって、カラカラと乾いた音が鳴るのですが・・・

足元の道にも実が落ちています。

冬場はこの実をカモシカが食べによく来るのですが。

今年は雪もなく他の食べ物に事欠かないのか、姿を見かけません。

例年の冬ならカモシカに出会えるスポットなのですけどねえ・・・

 

2019年12月 4日 (水)

あったあった

このあたりにツルリンドウがあったはず・・・

と探したところにあったあった!

すでに赤い実をつけていました。

Dsc_3032600

2019年11月21日 (木)

オトコヨウゾメの秋

 オトコヨウゾメの赤い実が、色づき始めた葉陰に揺れていました。

Dsc_3009600

2019年11月15日 (金)

センボンヤリも旅立ち

センボンヤリの種子が旅立っています。

Dsc_2985600

どこまで飛んでいくのでしょう?

 

山椒はこつぶで・・・

Dsc_2970600

Dsc_2969600

山椒の実も赤くなりました。

2019年11月13日 (水)

ミヤマガマズミ

花がなくなると、赤が目立ちます。

Dsc_2966600

ミヤマガマズミもすっかり赤くなりました。

2019年7月20日 (土)

ミヤマウグイスカグラ

ヤマカシュウの絡んだ藪に ミヤマウグイスカグラ の実発見。

Dsc_2332600

初夏の山歩きの楽しみ。

甘い実です。

Dsc_2331600

2018年12月25日 (火)

ボタンヅル

 ボタンヅルが綿毛になっています。

Dsc_0897600
山でなければ見られないわけではないのですが、

町では見つからないように、遠慮しているみたいなツル性のこの花も、

山では自分を主張しています。

2018年12月22日 (土)

赤い実揺れる ~オトコヨウゾメ~

 秋の山道で目立つのはオトコヨウゾメの赤い実。

Dsc_0869600
私の目には目立っても、鳥には人気無いらしい。

冬枯れになって、皺がよるほどになってもまだ揺れているから。

きっと不味いんだ。